マカオ

マカオ観光のモデルコース!女子旅を満喫する方法

2019年1月23日

みなさんはマカオと聞くと何をイメージしますか?やっぱりカジノですかねぇ~、今やカジノの本場ラスベガスを抜いて世界最大のカジノシティになっちゃいましたからね!大金GETを夢見てカジノに来る人もたくさんいます。

でもマカオってカジノ以外にも楽しいことがたくさんある魅力的な場所なんですよ~♪10年ほど前までポルトガル領だったこともあって中国とは思えないオシャレな建物もいっぱい☆

それに加えて美味しい中華料理!アジア最大のショッピングモールでしょ、スパもたくさんあって女子旅には最高の場所♪今回はマカオの魅力をたっぷりお届けします!カジノなんて行ってる場合じゃないかもしれませんよ(笑)

マカオへの行き方は?直行便はあるの?

さてマカオと言っても日本からはどうやって行ったらいいんでしょうか。直行便?ほかの都市を経由?それぞれのポイントを調べてみました。

手軽に行くならやっぱり直行便!でも落とし穴も・・・

日本とマカオの間ではマカオ航空が直行便として就航されています!東京・大阪・福岡から出発できるので、乗り換えなしにマカオに到着するので便利ですね♪

ただし・・マカオの直行便は基本的に午後出発朝帰国で時間に余裕がなくなるケースが多いという落とし穴が存在します!ちょっとメリットとデメリットをまとめてみました!

ココがおすすめ

・直行便なら移動のストレスもないので到着後すぐに遊ぶことができるし、初めての海外旅行でも安心♪

・ANAとマイレージ提携しているので、ANAのマイルが利用可能!

・マカオ航空の搭乗チケットを持っていると、マカオ市内で割引を受けることができるキャンペーンがよく開催されている!

ココがいまいち

・午後以降の出発で到着は夕方から夜となるため、初日はホテルで泊まって終わる可能性も・・

・帰りは午前のフライトなので、最終日は朝一番で空港に行かなければならない・・

・飛行機自体が小さいので、機内が狭く感じる・・

時間をうまく使いたいなら香港からマカオへ!

直行便以外の手段となると重要なのはどこの都市を経由するかってことですね!ソウルや台湾など経由できるところはたくさんありますが、私のおすすめはやっぱり香港からマカオに行く事です♪

香港はマカオの対岸にあるということもあって近いので、高速フェリーで1時間くらいで行き来できますよ!さらに最近、港珠澳大橋という海上を結ぶ橋が完成してバスでも行けるようになったんです♪

詳しくはコチラから

日本から香港への飛行機は各都市からたくさん就航されているので予定も立てやすいし、「早朝日本を出発して香港を経由、お昼にはマカオに到着!」なんてことも可能です。

デメリットとしては同じ中国領なのにそれぞれの場所で入国審査があったりしてややこしいと感じることだったり、共通して使える場所もありますが香港とマカオでは通貨が違うので両替が複雑というところですね・・。


マカオ滞在!女子旅満喫のための必要日数は?

マカオは日本からも近いので週末の休みを使った弾丸ツアーなんてことも十分可能ですが、せっかく行くならしっかり楽しみたいものですよね!何日ぐらいあると満喫できるのでしょうか?

私のおすすめは・・・ズバリ3泊4日です

無理なくマカオに行くためには直行便を使っても香港を経由しても到着は夕方以降になります。となると到着日はフライトの疲れもありなかなかアクティブには動けませんよね!

「負担のないスケジュールでしっかりと旅を満喫する」・・今回はそんなことにこだわってモデルコースを作ってみました!マカオに旅行する際はぜひ参考にしてみてください☆

マカオ3泊4日のモデルコース

マカオはホテルでも有名です。2018年、5つ星ホテルの数が世界で一番多い街となったハイクオリティぶりで、どこのホテルもおすすめなんですよ♪中にはフランスやイタリアをモチーフにしたところもあってヨーロッパ旅行を味わえるかも・・。

大人女子の素敵な休日~充実のマカオ3泊4日~

・1日目 夕方ごろマカオ到着

・2日目 終日フリータイム

・3日目 終日フリータイム

・4日目 お昼頃の飛行機で帰国

モデルコースの内容について詳しくお伝えしていきたいと思います!カジノだけじゃないマカオの魅力をギュッと詰め込んでみました★

1日目 美味しいご飯と夜景観賞

香港を経由してマカオに到着するのは夕方ぐらいがいいですね!ちょうど街のライトアップが目立ち始めて、到着した瞬間から「まるでヨーロッパのおしゃれな街にいるみたい」と思わせてくれますよ♪

マカオにはコタイ地区と呼ばれる一大リゾートエリアがあります!世界中から有名なホテルが集まり、旅行者に極上の時間とサービスを提供しています。日ごろの疲れが残っている到着日、到着時間も遅いので無理のない範囲で動いていきましょう!

グルメ天国マカオでミシュランディナーを満喫

マカオに到着する頃ってそろそろお腹がすいてきたなぁ・・って感じる時間帯なんですよね。ポルトガル料理も美味しいけれどもここは中国なので、せっかくだから美味しい中華料理を食べに行きませんか。

私のおすすめは「ジェード・ドラゴン」です。ミシュランガイド2019のマカオ版に3つ星で登録されている名店なんですよ!

女子旅でレストランなんかに行ったりして「コースだとちょっと多いかなぁ。でもアラカルトだと種類が少なかったり、値段が高くなったりするし・・」って悩んだ経験はないですか?

そんな方には特におすすめ♪このレストランはお客様の要望にスマートに対応してコースアレンジをしてくれることで有名なんですよ!私の周りでも「予算を伝えたら少しずつ色々なものを出してくれた」って声をよく聞きます。

ここはパリ!?エッフェル塔から夜景観賞

美味しい夕食の後は夜景を見に行ってみませんか?ここマカオには実はフランスがあるんですよ(笑)

 

View this post on Instagram

 

mariko-tomo32さん(@mrktomo32)がシェアした投稿 -


ほらこの塔・・どこかで見たことないですか?そう!これはパリのエッフェル塔です!本物の約1/2の大きさではありますが、忠実に再現してあります!もちろん上ることもできて、展望台からはきらびやかな夜景を鑑賞できますよ♪

オープントップバスで夜景ツアーへ

小さなエッフェル塔からのきれいな夜景も良いですが、夜の街を散策するのもおすすめです。でもいくらマカオが治安が良いといっても女子だけで出歩くのはちょっと・・って思いますよね。

そんなときは観光用のオープントップバスで街の散策をしましょう!香港ではおなじみとなっているのでテレビなんかで1回くらい見たことあるよって人も多いんじゃないですか?

マカオのフェリーターミナルを19時に出発してマカオの主要スポットやコタイ地区を回るので、きらびやかなネオンや幻想的に浮かび上がる橋などライトアップされたマカオを楽しむことができますよ♪

1時間ぐらいのツアーなので帰りもそこまで遅くなくて安全なので、楽しい夜を過ごせるでしょう。

2日目 マカオの観光へ!世界遺産だらけの街を散策

朝から時間のある2日目は少しアクティブに動いてみましょう!私のおすすめはマカオ半島の方へ観光に行って1日かけてゆっくり散策することですね。「マカオの歴史地区」ということで8つの広場と22の建物が世界遺産として集まるエリアがありますよ♪

おすすめの観光スポットをご紹介♪

マカオってどうしてもカジノのイメージが強すぎるので「観光?マカオで?」ってなってしまうのですが、実は観光名所がたくさんあるんですよ!1日かけても制覇できないくらいの数の世界遺産もあるますからね♪

マカオのシンボル聖ポール天主堂跡 その横には・・

マカオで観光と言ったら必ず紹介されるスポットです!旅行会社のパンフレットなんかを見ると、ほとんど写真が載っているのでみなさんも見たことはあるんじゃないでしょうか。

日本が江戸時代のころに建設された教会の神学校の総称ですが、火事で焼失してしまったため現在はファサード(正面壁)だけが残る状態になっています。

マカオの中では日本との関わりが最も強くて、長崎からポルトガルを目指した使節団の勉強場所だったり、日本で弾圧されたキリスト教徒が亡命した場所でもあるんですよ。

でも私が本当におすすめしたいのはコチラ!

 

View this post on Instagram

 

りほさん(@nicoangel02)がシェアした投稿 -

聖ポール天主堂跡の横にある恋愛通りです♪50mほどの小さな路地ですが、可愛い建物に囲まれたオシャレ通りとして最近注目されてます。恋愛に効果があるという女子のためのストリートなんですよ!

路地の両側はお土産屋さんやスイーツショップがたくさん!甘い香りに誘われたり可愛い雑貨を目にしてつい足を止めてしまうので、小さな路地なのに全然前に進めなかったりします(笑)

カラフルな雰囲気はインスタ映えになるのでぜひ訪れてみてください。午前中に来るのがおすすめですが、夜は光の具合で全く違った景色になるので18:00以降もおすすめの時間ですね!

オールドチャイナ 福隆新街

あちこちに西洋の雰囲気が漂っているマカオですが、中国らしい場所にも行ってみたいと思いませんか。セナド広場の近くには福隆新街というマカオのオールドタウンとして有名な場所があります。

 

View this post on Instagram

 

Haruna Fukudaさん(@harunafukuda)がシェアした投稿 -


ハナ
わ~なんか昔の香港映画に出てきそうね~!

ここではオールドタウンならではのマカオB級グルメを楽しむことができますよ!日本ではなかなか食べることができないフカヒレ料理もとってもお値打ちになっているのでおすすめですね♪

他にもパッケージが可愛い缶詰ショップなど変わったお店がたくさんあって、散策してると思いがけないお土産を発見できたりするエリアになっています!

マカオの代表スイーツならココ!カフェ・エ・ナタ

食べるということで忘れてはいけないのはスイーツ巡り★甘いものに目がない私は、ついつい色々なお店を探してしまいます。テイクアウトのスイーツを抱えながら街を散策するのも旅の楽しみの1つですよね♪

マカオスイーツと言ったらエッグタルト!クリスピー感覚のタルト生地とこってりとした甘さのカスタードクリームが絶妙にマッチしている美味しいお菓子です♪

ポルトガルにあったパスティス・デ・ナタと呼ばれるお菓子をイギリス人のアンドリュー・ストウという方がマカオに持ってきてイギリス風タルトのアレンジを加えて誕生しました。

絶品のスイーツは瞬く間に人気爆発でマカオの代表スイーツに!ポルトガルでもイギリスでもこんなにおいしいお菓子は食べれませんよ(笑)今ではお土産用も出てますのでまた別の機会に詳しくお話ししますね!

そして「カフェ・エ・ナタ」はアンドリュー氏の奥様が始めたお店で、地元ではマーガレットと呼ばれる人気店です!マカオ市の繁華街から近いので散策に疲れたなぁって思ったらお菓子を食べて一休み♪

もちろんテイクアウトも可能です!コタイ地区のホテルには旦那様であるアンドリュー氏が始めたお店の支店もあります。旦那様と奥様ではどっちが美味しいエッグタルトなのか食べ比べするのもいいですよね♪

名前の由来にもなった媽閣廟

もう1つ紹介しておきたいスポットがマカオ最古の寺院となっている媽閣廟(マーコ ミュウ)です!境内には螺旋線香が吊るされていて中国のお寺という感じがしますね。

ここはマカオの地名の由来になったと言われています。ポルトガル人がこの辺りの地名を尋ねたところ「マーコウ」という答えが返ってきて、それがなまって「マカオ」になったんだとか・・。

海の神様を祀っているお寺で参拝される方もたくさんいます。午後2時から4時頃が比較的すいてる時間なのでそのタイミングで行くとスムーズに参拝できますよ♪

他にもマカオ市内にはおすすめのスポットがたくさん!でも拠点となるセナド広場を中心にすれば近いところばかりなので思ったより大変じゃないところが良いところですね。

淑女のたしなみ!?アペロで乾杯を

市内の観光を終えて帰ってくると辺りはすっかり夜です。今日の夜はどんなふうに過ごそうかしら・・そんなときは少しお酒を楽しみませんか?マカオは東と西が融合する街なので魅力的なお酒もたくさんありますよ!

でも変なお店には行きたくないし、ホテルのバーだと高くない?って思う方におすすめの楽しみ方を教えちゃいます。みなさんはアペロってご存知ですか?フランス語のアペリティフ(食前酒)の略で、ディナーの前にお酒や小料理を楽しむ欧米文化の1つです。

英語圏ではハッピーアワーなんて呼ばれ方もしていますが、このアペロを利用するとお手頃な料金で贅沢な空間を楽しむことができるんですよ♪

特におすすめなのがギャラクシーマカオというホテルにある「Belon」というバーです!200パタカ前後(日本円で約3,000円)でアルコール飲み放題・タパス食べ放題なのでとってもお得!

お店は31階にあるので夜景もとってもきれいです♪アペロはここでは「Sunset Hour」と呼ばれてるので、お店の方にはそのように伝えるのを忘れないでくださいね!

一日動いた夜はスパでしっかりリフレッシュ

1日しっかり観光すると疲れちゃいますよね。もしかしたら次の日には足にきてるかも・・なんて心配になってきます。そんなことがないように旅の途中ではしっかりと身体をリフレッシュさせましょう!

マカオのリゾートホテルにあるスパは大体どこでも23時頃まで営業しているので、遅めのディナーの後でも十分間に合うんですよ♪特に先ほどのアペロで紹介したギャラクシーマカオには現地のメディアに特集されるほどのスパがありますのでおすすめです★

 

View this post on Instagram

 

Satsuki Izumiさん(@satsukiizumi)がシェアした投稿 -


マカオのスパは冷房がしっかり効いてるので、ハーバルボールやホットストーンなどのメニューがおすすめですね★

3日目 パンダに会いたい!買い物もしたい!

マカオの旅も終盤・・最終日は日本に帰るだけなので実際には今日が最終日みたいのものですから時間を有効に使って行きたいですね!

可愛いパンダにキュンキュンしちゃう

中国の動物と言ったらパンダですよね!動物界のアイドル的存在のパンダは日本でも大人気、最近のシャンシャンブームもすごかったです。でもパンダって実際に見る機会って少なくないですか?

可愛いパンダを見たいときはマカオのパンダ館がおすすめです!ここは何と10パタカ(約150円)の入場料でパンダを堪能できるという穴場的存在の動物園なんですよ~★

コタイ地区から車で30分、入場予約制で1時間しっかりパンダを見ることができます!

2016年に健健(キンキン)と康康(ホンホン)という双子のパンダが生まれて、毎日仲よく遊んでいる姿を見ることができます。可愛いパンダを間近で見てるとキュンと癒されますね~♪

 

View this post on Instagram

 

Malbec Shirazさん(@malbec_shiraz)がシェアした投稿 -


ここはパンダをモチーフにした雑貨もたくさん売ってます! ポーチやバックなどどれも可愛いものばかりですよ~♪

石排湾郊野公園パンダ館

・営業時間 10;00~16:00(1時間ごとの入れ替え制)

・定休日 月曜日

・入園料金 10パタカ(約150円)

・アクセス コタイ地区連貫公路のバス停から21A・25・26・26Aのバスに乗って「石排湾郊野公園」で下車

ブランド天国マカオ!アジア最大のアウトレットでショッピング

オシャレな街マカオはショッピングだって規格外です!マカオ市内にもコダイ地区にもお店はたくさんあります。おすすめのお土産についてはまた別の機会にお話ししますね♪

お土産についてはコチラから

1度に色々なものをそろえたいなら右も左も免税店というスーパーアウトレットモールがおすすめですよ★衣料品からご当地グルメの食べ歩きまで何でもそろうところが大人気!

しかもヨーロッパやアメリカの街を再現しており、マカオにいながら世界を回れると話題です。インスタ映えスポットもたくさんありますので、写真を撮るだけでも行く価値はあります♪

特に私がおすすめするアウトレットモールはコチラ ↓↓

ゴンドラにも乗れる!ヴェネチア風モール グランド・カナル・ショプス

イタリアをテーマにしたホテルヴェネチアンにとっても大きなアウトレットモールがあります。ホテルの中にもかかわらず1周するのに1時間以上かかるという広さ・・。欲しいものは何でもそろうので「丘のamazon」と言われています。

青い空と運河でヴェネチアの街を再現しており、買い物だけじゃなくてゴンドラに乗ってイタリアの街並みをバックに写真を撮ることだってできるんですよ♪

ハナ
ホテルの中なのに、日本のアウトレットモールよりお店の数が多いんだって~!
ゴンドラに乗りながら気になるお店を探すのもいいわよね~♪
千秋

マカオのホテルはショッピングエリアとしてアウトレットモールを展開してるところが多いんですよ!パリ風のホテルやハリウッド風のホテルなど他にもまだまだたくさん・・。

ホテルと各モールは連絡通路で繋がっていて、トータルのお店の数は800以上にもなります!世界の名だたるブランドが揃うアウトレットで思いっきり買い物するのもいいですよね♪

4日目 帰国日 フライト前の楽しみ方は・・

楽しいマカオも気付けばもう最終日。午前中のうちには香港へ移動して日本へ帰ることになります!残りわずかな時間を使って最後の最後までマカオを楽しみましょう♪

売り切れ必至!絶品の朝ごはん

フライトまで何しようかなぁ・・お買い物?最後に少し観光?楽しみ方はたくさんありますが、最後に美味しい朝食はいかがでしょうか。地元民からも大人気ですぐに売り切れになってしまう朝食をご紹介しますね!

ホッとする味 絶品のお粥なら洪記

毎日朝10時頃には売り切れになっている人気のお粥が「洪記」というお店で食べることができます!セナド広場から5分くらいの場所にある老舗のお店で、通称「生滾粥」と言われています。

マカオは朝食を外で食べることが多いため8時ごろには行列ができているお店で、塩味のスープ風のお粥がとっても美味しいんですよ♪一緒についてくる揚げパンをお粥につけて食べるともう止まりません(笑)

一杯あたり350円ほどで食べることができるのでとってもお得です!


営業情報

・営業時間 AM6:30~PM12:30 売切れ次第終了

・定休日 なし

朝ごはんならホテルのブッフェもおすすめですよ!迫力のライブキッチンで食べることができるし、メニューも豊富です★もちろんエッグタルトもあるので最後にもう1回食べておきたいですね♪

まとめ

マカオってカジノでブレイクしたこともあって「ギャンブルの街」という印象が強いのですが、観光・ショッピング・グルメなんでもそろってるんですよ!

マカオタワーだけでも1日遊べるほどのアクティビティがそろってるので、マカオを完全制覇しようと思ったら何回来ればいいのか分からないくらい魅力があふれてるんです♪

日本からは近いので弾丸旅行だってもちろんできます!ちょっと買い物したいとかちょっと美味しいもの食べに行きたいと思ったらすぐに行けるのでおすすめの場所です★毎日頑張る自分へのご褒美にマカオで素敵な休日を過ごしてみませんか。

この記事が気にいったらポチっとお願いします★

にほんブログ村 旅行ブログ セブ島旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村にほんブログ村

-マカオ

Copyright© ハナスタイル , 2020 All Rights Reserved.