旅行で役立つ知識 特集

海外旅行今行けるところは?いつから?コロナ禍の現在の情報まとめ

海外旅行に飢えている皆様、こんにちは。

コロナ前までは年2回ほどは海外旅行へ行っていたハナです…。

モチベを保つために、海外旅行の情報を色々と調べているのですが今どうなっているのかって気になりますよね。。

この記事では、今行ける国やこれからの状況について私なりに書いていきます!

コロナ禍の今、行ける海外旅行先はある?

ワクチンの普及率が徐々に上がってきていて、2回目打ち終わった!なんて声もちらほら聞こえていますよね。

ワクチンの接種を証明できる証明書(接種済証)が発行されていたりもするので、海外旅行に目を向け始めた方も多いのではないでしょうか。

入国制限で日本からの旅行客を受け入れていない国も

日本からの旅客を受け入れている国でなければ、そもそも入国ができないのが現状です。

また、新型コロナウィルスの感染拡大が収束していない国への旅行は基本的に避けるべき。

せっかくの旅行先で、感染対策に気を使いながらっていうのも味気ないですよね。。

自分の行きたい海外旅行先の情報収集は、しっかりと行っておきましょう!

海外旅行しばらくはガマン…コロナ禍で今行ける国は少数

全体的に、「一般の旅行客の受け入れは不可」という国が多数です。

3か月はこの状態がほぼ確実、その先もしばらくは動きがないものと思われます。

旅行客を受け入れだしても、ワクチン接種証明書やマスクの着用義務、入国時の隔離等の条件が付いてくる可能性が高いです。

旅行客受け入れが始まっても最初は個人手配で渡航するより、旅行会社のパッケージプランでサポートしてもらった方が安心かもしれませんね。

韓国旅行の今は?いつから行ける?-韓国への渡航

↑画像タップで韓国旅行記事一覧へ

韓国旅行へはコスメの買い出しレベルで行っていたので、いけなくなってしまって本当に残念。。

あんなに気軽に行けていた海外旅行がこんなに遠い存在になるなんて思いもしませんでした。

結論から言うと今現在、旅行としては入国はできません。

3か月さきほどはこの状態が続き、その先もしばらくは渡航できない状態でしょう…。

こればっかりはどうしようもなく…。

安心して韓国へ旅行ができるようになるまで、しばらくはガマンです。

バリ島旅行は今行ける?いつから?-バリ島(インドネシア)への渡航

当サイトでもよく紹介していたバリ島は、私も大好きな旅行先の一つでもあります。

バリ島へも今現在、観光目的での渡航はできません。

インドネシアの状況も決していいわけではありません。

お互いの国の感染状況が落ち着くまで、しばらくはこのまま渡航は不可となりそうです。

実はコロナ禍でも海外旅行行ける国もあります

以前のように、どこもかしこも入国禁止!!ということではなく、少しずつ緩和されつつあります。

例えばヨーロッパ方面だと、EUが日本を「ホワイトリスト」というものに入れてくれました。

それによって入国規制がなかり緩和され、観光客の入国もOKになっています。

ただし、ニュースなんかでもわかると思いますが感染が収束しているわけではありません。

対策は必須。また治安の悪い場所への立ち寄りはNG。

情報は常に変わっていくので、今現在の情報です。

詳しくは外務省の情報をチェックしてくださいね~。

今わかっていることを少しずつ紹介していきます。

フランスへ旅行は今行ける?いつから?-フランスへの渡航

ヨーロッパへの旅行は移動時間が長いので日程的に余裕をもつことがおおいですよね。

それなのに、到着後72時間は隔離され動けない…なんてことなら正直おすすめしません。超もったいない。

で・す・が!最近はフランスが日本に対して入国規制をかなり緩めてくれたようです。

出発72時間以内に実施したPCR検査陰性証明書orワクチン2回接種証明で入国OK!

しかも隔離もなし!

フォー!ブラボー!!

グリーンゾーンという、フランスに来ても良いよ~!のゾーンに入れてくれたので、ちょっと嬉しささえ感じます(笑)

ですが、、、

日本の水際対策は変わらずに結構厳しめ

フランスから日本に入国する場合は、フランス国内ででPCR検査を受けなくてはなりません。

フランス出発72時間以内の有効な接種証明書を提示する必要があります。

そしてそして…

入国時にもう一度コロナの検査・誓約書の提出をしなければなりません。

誓約書の内容は、

  • 14日間の自宅待機
  • 14日間公共交通機関の使用不可
  • 位置情報の保存
  • 接触確認アプリを導入する

等々…

正直、フランスに入国できて楽しい旅行になったとしても、日本へ帰ってくるときや帰国後が結構ハード。

特に帰国後14日間自宅待機…というのが完全にハードルを上げていますよね。

在宅ワークONLYの方やコロナで仕事辞めて無茶苦茶フリー!!!!という人だったら行けるかも?!

ハワイ旅行は今行ける?いつから?-ハワイへの渡航

実は、ハワイ…行けます!!!!

色々とめんどくさいことをクリアしなくてはいけませんが、いこうと思えば行ける海外旅行先のひとつです。

以前より便数は減りましたが、飛行機もちゃんと飛んでいますよ~。

2020年11月には日本からの観光客の到着後、ある一定の条件を満たすと隔離を行わない。という発表があったほど。

日本の観光客でにぎわっていたハワイなので、少しずつ取り戻していきたいといった感じでしょうね。

到着後の隔離を避けるには、事前準備が必要になります。

  • 日本を出発する72時間以内に新型コロナウイルス感染症の検査を受ける
  • ハワイ州保健局が指定する医療機関にて、厚生労働省認可のPCR検査含む核酸増幅検査を受ける
  • ハワイ州が指定する陰性証明書の取得(フォーマットあり)
  • 事前にハワイ州の「Safe Travels Program」に登録し健康状態や渡航情報を申請する(QRコードを取得)

やっぱりややこしめ。

ですが、旅行会社で手助けをしてくれることがあります。

というか自分で全てを手配するのは難しいかもしれません。

この辺はしっかり問い合わせて準備万端にしておきましょう。

日本の水際対策は変わらずに結構厳しめ

ハワイからの帰国ですが、日本に入国する場合はハワイでPCR検査を受けなくてはなりません。

ハワイ出発72時間以内の有効な接種証明書を提示する必要があります。

この辺りも旅行会社が手配してくれたりするので、意外とクリアできそう。

しかもワイキキショッピングプラザ内にPCR検査場がオープンしたとのこと!

日本語でのサポートが受けられるそうなので安心ですね。

あとは入国時にもう一度コロナの検査・誓約書の提出をしなければなりません。

誓約書の内容は、

  • 14日間の自宅待機
  • 14日間公共交通機関の使用不可
  • 位置情報の保存
  • 接触確認アプリを導入する

等々…

やっぱり日本へ帰ってくるときや帰国後が結構ハード。

特に帰国後14日間自宅待機…というのが厳しい人が多そう。

でも、ハワイへの旅行欲で禁断症状が…って人はぜひ!

決して無理ではないですよ~!

今行ける海外旅行まとめ

行きたい国があっても、今の状況ではなかなか…っていう状況ですよね。

もうしばらくこの状況は続きそう。

ですが、ワクチンの接種が進むにつれ、少しずつ進展していくのは確かです。

今は少しガマン。早く安心安全に海外旅行できるようになるのを願っています。

この記事が気にいったらポチっとお願いします★

にほんブログ村 旅行ブログ セブ島旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村にほんブログ村

-旅行で役立つ知識, 特集

Copyright© ハナスタイル , 2021 All Rights Reserved.