大人女子をキラキラさせる海外旅行へ

ハナスタイル

セブ島

セブ島の物価は?ブランド物や服は日本と比べるとどう?

投稿日:2018年11月27日 更新日:

海外旅行に行くと真っ先に気になるのが現地の物価ですよね。比較的日本よりも物価が安いといわれる東南アジアですが、その中でもセブ島はどうなのでしょうか?

女子はお買い物が大好きだから、日本よりもお得であれば絶対に買いたいですね♪バッグやら洋服やら・・・ブランド品もお得なら絶対欲しい!

セブ島の物価はもちろん、ファッションに敏感な女子にはもってこいの情報をお届けします☆

追記:2019年GWセブ島行ってきました~!旅行記はこちら★

まずはセブ島の一般的な物価について

日本より安いのであれば、絶対に現地で購入したほうが荷物も軽いしお財布にも優しい!

ハナ
私,水分補給は欠かせなくてペットボトル何本も飲んでしまうの
ハナ、現地調達は日課だもんね(笑)
千秋

私みたいな人には必見かも?!さあ、荷造り始める前に一度確認しておきましょう☆

ジンベイザメツアーの様子はこちらから


2019年セブ島旅行記ジンベイザメと泳ぐツアー!持ち物・注意事項も!

必ず購入するであろう食料品で物価がわかる!

  • お水(500ml)    約20ペソ(約45円)
  • コーラ(350ml)   約9ペソ(約20円)
  • ビール          約37ペソ(約85円)
  • 惣菜パン        約5ペソ(約13円)

うわぁ!凄く安いですよね!これはわざわざ日本から持っていく必要はなさそうですね。ただし、日本語で書かれている商品は日本よりも高いものがあります。

カップ麺や日本のお菓子が恋しくなる方は日本から持っていかれた方がよいかもしれませんね。

ちなみに、私は海外どこに行くにもカップ麺とスナック菓子は必須で持っていってます(笑)

ただ、何味かわからない現地のカップラーメンを購入するのも、ちょっとした楽しみなので試してみてください★

おすすめの記事はこちら

移動手段として利用する交通機関の相場は?

交通機関は驚くほど格安で乗れます!

  • 白タクシー…初乗り約40ペソ(約90円)
  • 黄色タクシー…初乗り約70ペソ(約150円)
    →こちらは通称「エアポートタクシー」と呼ばれており、空港~各ホテルを結ぶタクシーになります。割高ですが、白タクシーと設備はほとんど変わりません。
  • ジプニー(乗合バス)…7ペソ(約16円)
    →こちらは現地の人で混み合うので、あまり観光向きではないかも・・・料金の計算方法・支払い方がなかなか難しくスリに合う可能性もあるため初心者向きではないです。

セブ島はタクシーで十分回れるほどの小さい島なので、セブ島に慣れていない方はタクシーで回ることをおすすめします。ちなみに、セブ島に電車はありません・・・

セブの観光に便利なチャーター観光はKKdayで

セブ / マクタン-オスロブ:貸切チャーター車送迎プラン(片道 / 往復)

 

View this post on Instagram

 

Tatsuya Miyakawaさん(@t28miya)がシェアした投稿 -

旅行といえば食事!レストランの物価は?

旅先での食事はかなり☆重要ですよね!基本的にフィリピン料理のレストランであれば、ランチ価格でディナーが味わえます。

さらに、ローカルの方が経営されているレストランでは「ライス・スープ類・小鉢2皿程度」のセットで日本円の約150円程度で頂けます。とても安いですよね?

ただし・・・中には「お口に合わない」と言われる方もいらっしゃると思いますので、安心する定番もご紹介します。

・マックチキンセット             約155ペソ(約419円)

・日本食の定食                約280~470ペソ(約649~1,090円)

・スターバックス(コーヒー)      約110ペソ(約297ペソ)

思ったほど安くはないですね。ただし日本食のレストランでもお刺身などお魚は、実は日本よりもリーズナブルに頂けます!

話題のレストランなど海外レストランのご予約はグルヤクにお任せ!

番外編

韓国人が多く在住しているということもあり、外食レストランの中でも「韓国の焼き肉屋」はとってもリーズナブル!ほとんどのお店が食べ放題を提供しており、本当にとても安いお値段でお腹いっぱい食べれます。もちろんキムチやナムルもありますよ~
「セブ島で焼き肉?」なんて思うかもしれませんが、ぜひお試しあれ☆

娯楽

・ダイビング(2ダイブ)    約4,700ペソ(約12,690円)

・シュノーケル          約900ペソ(約2,430円)

・アイランドホッピング     約800ペソ(約2,000円)

・マッサージ(1時間)      約300ペソ(約750円)

マリンスポーツをされる方必見じゃないですか?日本よりも格安で楽しめます!

さらに「南国」なんて聞くと開放的な場所で女子はマッサージをしたくなるものです☆こちらもビックリするような価格なのでぜひ試して頂きたいです。

さらに詳しく

セブ島だからブランド品も日本より安いのでは?

一般的な物価を確認してみるとかなりお安いので、ブランド品にも期待が高まります!ワクワク☆やはり海外に行くとなると、どうしてもブランド品を見てしまうのが女子・・・。

そして日本との価格を比べるという行動は皆さんもしたことあると思います(笑)セブ島にはブランド品は取り扱っているのか?また価格はどうなのか見てみましょう。

服が買いたい!セブ島ではブランド品は取り扱っている?

セブ島には一応ブランド品は取り扱っています。ただし期待外れかもしれません。

セブ島で一番多くの海外ブランドを取り扱っていると言われる「アヤラ・モール」ですら品ぞろえは少ないし、一角にほんの少しだけ取り扱っているという悲しさ。

セブ島でブランド品を購入するということはあきらめた方がよさそうです。

ベルトラのオプショナルツアーでショッピングも!


セブ市内観光ツアー 主要スポットを効率よく巡る!ショッピング&昼食付1日プラン

免税店のブランド店はどうなの?

免税店なら!きっとお目当ての商品が見つかるかも?!っと期待してしまいますが、こちらもあまり品ぞろえはよくないです。

もちろん価格は日本とほとんど変わらないという・・・。もしかしたら日本出国時に購入する方が品ぞろえもよいかもしれません。念のためセブ島にある免税店をご紹介します。

  • マクタン・セブ国際空港
  • SMシティ・セブ
  • ウォーターフロント・セブシティ・ホテル&カジノ

さらに詳しく

実は例外も!ただし注意点も

ブランド物に期待はできなさそうですが、スポーツブランドを多くとりあつかっているアウトレット・ショッピングモール(The Outlets at Pueblo Verde)があります!

しかも常にセールをしているのでとってもお買い得ですよ~!!ディスカウント商品(30~50%)の中から掘り出し物を見つけちゃいましょう★

アディダス・プーマ・コンバースなど有名店もありますよ☆

ハナ
私ちょうどウォーキング始めようと思ってたからちょうどいいかも!
三日坊主にならなければいいけど(笑)
千秋

プチ情報

実はセブ島には偽ブランド品を大量に扱っている場所があります(ダウンタウン地区にある「138モール」)。ほんと、無造作に置かれててなんか苦笑い(笑)

個人的な使用での購入は構わないですが、他人への売買は日本の法律で禁止されています!くれぐれもご注意を!日本への持ち込みも不可だから税関で見つかると没収・・・

ファッション大好き!セブ島のご当地ブランド服は?

実はセブ島には、日本未上陸のブランドを取り扱っています。「日本未上陸」って言葉、女子は弱いですよね(笑)

こちらでは現地でも人気のある、かつ日本でも活躍できるファッションブランドをご紹介します。

お気に入りのファッションブランド見つけて、日本の友達に自慢しちゃいましょう♪

合わせて読みたい

トレンドを先取り★PULL&BEAR

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、スペイン発のZARA系列店になります。「シンプルカジュアル」がベースになっていますが、そこはZARA系列!

きちんとトレンドも取り入れています。ZARAよりも価格帯が安いので手が出しやすいのも魅力ですね~。日本人好みのファッションブランドです♪

日本ではなかなかないカジュアルブランド!COTTON ON

こちらはオーストラリア発のファッションブランドです。イメージとしては「アメリカンイーグル」のような路線になっていますのでカジュアルがメインです。

「アヤラ・モール」の店舗ではいつもセールをしているので、この機会にぜひ自分のお気に入りを見つけてみましょう♪

ファッションだけじゃない!リーズナブルなブランドならBENTCH/

こちらはフィリピン発のファッションブランドになります。傾向としてはかなりのカジュアル度です!

カジュアル好きには持って来いのブランドですし、何といってもフィリピンブランドなので価格帯がかなりリーズナブル。ファッション小物もありますが、香水もあるんですよ!人とは違う香りを購入されるものいいかもしれません。

こちらはセブ島の空港国内線エリアにもあるので、乗り継ぎで買える方は帰りに寄ってみてください★

フィリピン発のブランドPENSHOPPEで人とは違うファッションを★

こちらもフィリピン発のファッションブランドです。こちらは落ち着いた感じのファッションが多いので、日本でも抵抗なく着れる感じです。もちろん!価格帯はこちらもリーズナブル。

こちらでご紹介した店舗は「アヤラ・モール」に全て入っています。この「アヤラ・モール」は巨大なショッピングモールで1日で回りきれるかな?っていうぐらいの大きさです。

日本でもよく見かけるファストファッションももちろんありますが、価格はあまり変わらないので、ぜひ日本未上陸&フィリピンブランドを購入してみてはいかかでしょうか?

 

View this post on Instagram

 

Terasaki Tetsuyaさん(@tetsuya.0117)がシェアした投稿 -

まとめ

やはり東南アジアというだけあって、基本的には物価は日本よりも安いです。ただし、「輸入品」というブランド品はセブ島ではあまり期待できません。

せっかくセブ島に行くのであれば、フィリピンブランドの購入や、水着も安いのでそちらを購入されたほうがいいかもしれませんね・・・。

でも、日本未上陸のブランドあるのはかなりお値打ち高いと思います!私も欲しくなってきたなぁ~(笑)ぜひお気に入りの逸品を見つけてほしいです!

ベルトラのオプショナルツアーでショッピングも!


セブ市内観光ツアー 主要スポットを効率よく巡る!ショッピング&昼食付1日プラン

この記事が気にいったらポチっとお願いします★

にほんブログ村 旅行ブログ セブ島旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村にほんブログ村

-セブ島

Copyright© ハナスタイル , 2019 All Rights Reserved.