スリランカ

スリランカへ旅行!その前に!観光ビザは必要?料金など解説

2019年8月2日

スリランカを旅行したい!

となると必要なのがまずパスポート。

実は、2012年1月から短期滞在でもビザの申請が必要になってるんです。

めんどくさ…い、いやいやでも必要なものはしょうがない、ちゃんと取得してから旅行に出かけましょう!

スリランカの訪問ビザは何種類かありますが、ここでは短期観光ビザについて紹介しますね☆

合わせて読みたい

2019年期間限定、スリランカ観光ビザ免除制度が導入?!

急遽入ってきた情報なのですが、2019年8月1日から6ヶ月間、スリランカ観光ビザ免除制度が導入されるとの政府発表がありました!

詳細はスリランカ大使館のウェブサイトなどで周知されるみたいです。(2019年8月2日現在未掲載)

ただ、その間ビザ料金は無料となるけど、通常通りビザの登録手続きは必要とのことです。

ってことは、観光ビザが免除されるってことではなく、ビザの料金が免除されると思ったほうがよさそう…。

この制度についてはネット上でも情報が錯綜しているので、誤情報には注意して下さいね☆

(上記の内容については駐日スリランカ大使館に直接確認済みです。)

以下、この記事の内容は従来どおりのスリランカ観光ビザの申請方法を紹介していますよ~。

駐日スリランカ大使館の説明では、免除期間中は料金が無料になるだけとのことなので、料金以外についてご参照いただければと思います。

なお繰り返しになりますが、この件についてまだウェブサイト等で公式に掲示されてないので、旅行の際には最新情報をご確認下さいね☆

スリランカでアーユルベーダ三昧の旅

シッダレパ・アーユルヴェーダ・ヘルスリゾートで癒しの旅 4泊5日or7泊8日ツアー<日本語ガイド付き>

スリランカ観光ビザ取得の方法&必要な料金

スリランカビザの申請は、インターネット・大使館・空港(到着)のいずれかの方法・場所でできます。

インターネットがお手軽なのですが、このWEBサイトの申請ページが全部英語なんです!

スリランカビザ(ETA)のウェブサイト

それほど複雑な手続きではないので、すごく難しくないのかもしれないけどちょっと不安。

そういう方は旅行会社などで代行してもらうこともできます☆

ちなみに、料金はインターネット申請がUS$30、スリランカの空港到着時の申請がUS$40です。

スリランカの空港到着時の申請は値段が高くなる上、到着後時間もとられるのでおすすめしません。

しかも、結局英語で申請書に記入しないといけないし。

また、旅行会社等での代行取得は8千円程度するので、お得にビザを取得したい方は、是非インターネットの英語での申請にチャレンジしてみてください☆

スリランカ観光ビザの取得に必要なもの~インターネット申請編

スリランカの観光ビザをインターネットで取得するには以下の情報が必要となります。

  • 宿泊予定施設等の情報
  • パスポート 記載内容(有効期限がスリランカ入国日より6ヶ月以上のパスポートが必要です。)

スリランカ大使館での申請の場合はそれに加えて以下の書類が必要になります。

  • ETA申請書(観光ビザ申請書)
  • 最新の顔写真(パスポートサイズ(縦4.5cm×横3.5cm)2枚
  • 往復の航空券

またETA(ビザ)手数料も4,233円と割高になるので、特別な事情のない限りは大使館よりもインターネットのほうがお得で便利です☆

なお、旅行会社に委託する場合もインターネット申請の代行ということになります。

スリランカ観光ビザのインターネット申請方法

ここからは、「自分で英語のサイトでスリランカ観光ビザを申請してみよう!」という方のために、ざくっと記載内容を説明していきます!

なお、一般的なOLさんや学生さんが休暇を利用した観光目的の女子旅に数日間行くという前提で説明します。

ハナ
英語のウェブサイト緊張するね。
記入ミスしないように気を付けないとね!
千秋

では、まずスリランカビザ(ETA)のウェブサイトを見てみましょう。

あれ、日本語。。。

と思ったのもつかの間、「適応」タグをクリックするといきなり画面いっぱいの英語!

ここからは順を追って説明します★

おすすめのツアー

シッダレパ・アーユルヴェーダ・ヘルスリゾートで癒しの旅 4泊5日or7泊8日ツアー<日本語ガイド付き>

スリランカ観光ビザ申請・最初のページ(適応)は何が書いてある?

「適応」タグをクリックして表示されるページは何かというと、「帰りの航空券は持っているか」とか「滞在中のお金はあるか」とか「スリランカで働いたりしないか」とか、スリランカに観光ビザを発行するのに適合しているってことの同意を求めています。

普通は大丈夫だと思うので、最下段左側の「I agree」を選択して、次ページへ進みましょう☆

2ページ目、ETA(ビザ)の種類を選びましょう!

2ページ目ではETA(ビザ)の種類を選びます。

「Tourist ETA(観光ビザ)」の「Apply for an Individual(個人申請)」をクリックして下さい!

3ページ目(1)、個人情報を入力しましょう!

3ページ目はちょっと長くなっています。

まずは1つ目のブロック、個人情報を入力しましょう!

*がついているのが必須項目なので、必須項目のみを説明しますね☆

必須項目は上から順に、以下のとおりなので間違えないように記入してください。

パスポートの記載と同じように記入してくださいね☆

  • 呼称(Mrs,Miss,Mrなど)
  • 生年月日
  • 性別
  • 国籍
  • パスポート番号
  • パスポートの発行年月日
  • パスポートの期限

3ページ目(2)、子供同伴の場合について

2つ目のブロックは、16歳未満の子供が親のパスポートで申請するときに記入します。

ここでは詳細は省略しますが、該当する場合は項目を間違わないように注意して記入してください☆

3ページ目(3)、旅行情報を入力しましょう!

3つ目のブロックは旅行情報です。

スリランカの到着日と目的を入力します☆

目的は「Sightseeing or Holydaying」(観光・休暇)を選択しましょう。

その下の「出発地」、「航空会社」、「フライト番号」は必須項目ではありません。

入力してもいいのですが、もしフライトが変更になった場合など再申請しなければならなくなる場合もでてくるので、必須でないものは飛ばしましょう☆

3ページ目(4)、連絡先を入力しましょう!

4つ目のブロックは連絡先です。

ここでは、日本国内での住所等及びスリランカでの滞在先を記入しましょう☆

必須項目は順に以下のとおりです。

  • Address 住所(市区町村より後)
  • City 市町村
  • State 都道府県
  • Country 国
  • Address in Sri Lanka スリランカでの(最初の)宿泊先住所
  • Email Address Eメールアドレス
  • Telephone Number 電話番号

3ページ目(1)、ビザが重複していないかの確認!

5つ目のブロックはビザを重複して取得していないかの確認☆

スリランカの居住者用ビザを持っているかとか、他のスリランカビザを持ってないかとか聞いているので、すべて「No」にチェックし次へ進んでください。

あと、「ロボットではありません」にチェックし、その下のチェックボックスにもチェックし「NEXT」をクリックし次へ行きましょう☆

4ページ目、申請料金の支払い

入力内容の確認画面の後に、申請料金の支払い画面が表示されます。

料金の支払い方法はクレジットカードのみです!

必須項目は以下のとおりです。

  • クレジットカード番号
  • クレジットカードの有効期限
  • セキュリティコード
  • クレジットカードの名義人

セキュリティコードは、クレジットカードの裏面に記載してある3桁もしくは4桁の番号となります。

これらの情報を入力して、「Pay」をクリックして下さい。

スリランカ観光ビザの申請完了!

これでスリランカ観光ビザの申請は完了です☆

メールでETA(ビザ)が送られてくるので、旅行時には念のためプリントアウトして持っておきましょう。

申請状況についてはトップ画面の「状況をチェック」タグをクリックして必要事項を入力すれば確認できます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

✿ ✿さん(@sakukirapon)がシェアした投稿 -

まとめ

以上のように、スリランカ観光ビザ(ETA)はインターネットで比較的簡単に取れます☆

でも全部英語のサイトでの記入だし、もし間違えた内容で申請してしまうと、スリランカ入国時に再度ビザを申請し直さなければならないことになる場合もあります。

ご自身で申請される方は記入ミスのないように気を付けてくださいね!

不安な方は、やはり旅行会社に代行してもらったほうがいいかもです☆

せっかくのスリランカ旅行、準備万端で不安なく楽しむことが一番です♪

おすすめのツアー

シッダレパ・アーユルヴェーダ・ヘルスリゾートで癒しの旅 4泊5日or7泊8日ツアー<日本語ガイド付き>

この記事が気にいったらポチっとお願いします★

にほんブログ村 旅行ブログ セブ島旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村にほんブログ村

-スリランカ

Copyright© ハナスタイル , 2020 All Rights Reserved.