メキシコ

カンクンの治安は悪い?外務省の情報や口コミをチェック!

2019年1月17日

ハネムーンにも大人気のビーチリゾート「カンクン」!どこまでも広がるエメラルドグリーンの海とラテンの陽気なノリが魅力的な都市です☆

そんな「カンクン」はとっても魅力的で行ってみたいけど・・・ちょっと危険なイメージ持っていませんか?「カンクン」自体はリゾート地で華やかなイメージですが、「南米」の「メキシコ」って聞いただけで「犯罪」や「危険」な匂いがプンプンしてます(汗)

その理由は、世界の危険な都市ワースト10を、ほぼ毎年「南米」の都市が占めているからです。この中にはメキシコの都市も含まれています。しかし、メキシコ全域が危険というわけではありません。観光客向けに外務省から情報が出されているので、しっかりと危険があるということを認識して、危険を避けるためにはどうしたらよいか対策を立てればいいんです!もちろん、その対策は旅を楽しむためには必要な準備ですよ〜☆

それでは、「カンクン」の治安をしっかりとリサーチしたのでご覧ください♪

カンクンの治安はズバリ!?

「カンクン」の治安はズバリ!安全です!

ちょっと拍子抜けしちゃいそうですね(笑)メキシコというと、「麻薬」・「マフィア」・「スリ」といったイメージが強いですが、カンクン自体は政府がリゾート地として力を入れているため、ほとんど悪質な犯罪は起こりません。カンクンはメキシコの中でとっても治安の良い都市なんです。

なぜ安全かというと、メキシコは観光を資源にたくさんの収益を得ているからです!メキシコにとって観光は一大産業なんです♪そのため、観光客が減ってしまってはとても困ってしまいますよね?

また、カンクンはメキシコNo,1のリゾート地であり、アメリカやカナダからも多くの観光客が毎年訪れています。特にアメリカ人は治安に敏感なので、カンクンが危険!だなんてことになったらバケーションに来てもらえなくなってしまうわけです。そのため、メキシコ政府はよりカンクンの治安維持にかなり力を入れているので安全なのです☆

合わせて読みたい

外務省の最新安全情報は要チェック!

カンクンは安全!とはいえ「外務省の安全情報」は渡航の際、必ずチェックしましょう!

外務省海外安全ホームページ

ご覧の通り、カンクンは真っ白!つまり、渡航に問題なく安全であるということです。一方、メキシコシティやその周辺は、「渡航を十分注意」または、「不要な渡航はやめてください」というエリアが目立ちます。カンクンはメキシコシティからもかなり離れているので、安全に過ごすことができそうですよね♪

現地大使館・総領事館からのカンクン安全情報!

直近1年間の間に出されたカンクンに関する安全情報も見ていきましょう!

カンクン国際空港におけるタクシーの客引きによる詐欺被害について

2018年7月7日

カンクン国際空港において、タクシーの客引きが現地旅行代理店の関係者を装い、「後で料金が返還される」、「旅行代理店の代わりに迎えに来た」等と言って旅行者を自分の車に乗せ、運賃を徴収する手口による詐欺被害が複数発生しています。空港からホテルまでの送迎を利用時には十分注意下さい。

直近1年ではカンクンに関する注意喚起はメキシコ全土で67件中この1件だけでした。空港でよくある詐欺ですので、こういう事があるかもしれないということを頭に入れておくだけで十分避けられる事態です。詐欺で終わればいいのですが、車に乗せられてそのまま連れ去られてしまう・・・なんて恐ろしいこともあり得るかも知れません。十分注意しましょう!

その他の過去に起きたカンクンでの被害についてご紹介させていただきます!

  • 食事中に座の後ろのカバン置きにカバンを置いていたが、気づいたときには盗られていた。
  • バイクにバックパックを置いたまま海で泳いでいたら盗られていた。
  • 長距離バスで、寝ている間に足元に置いていたカバンからパスポートや金品が盗まれていた。

安全なカンクンですが、ご紹介させていただいたような被害が実際に発生しています。ただ、ちゃんと貴重品は肌身離さず持つなど気をつけていれば防げた被害です。また、この被害はカンクンに限ったことではなく、他の観光地や日本でも起こりうることじゃないでしょうか?皆さんも、「楽しい旅」が「悲しい旅」で終わらないよう、しっかりと被害の実態を認識しておきましょう!

ハナ
せっかくの楽しい旅行も、危険な目に遭うと台無しだわ〜涙
カンクンは安全!とは言っても、海外にいる自覚を忘れないことが大事ね!
千秋

カンクンで起きた日本人被害の事件

在メキシコ大使館より、2016年に起きたカンクン市内で日本人が被害者となった強盗傷害事件をご紹介致します。

こちらの在メキシコ大使館からの注意喚起記事をご参照ください。発生場所は、ビーチリゾートのホテル街からは離れたダウンタウンです。日中の犯行で、バス通り沿いで犯行集団に捕まり、暴行を加えられた上、所持品を強奪された事件です。詳細は記事をご覧ください。

ハナ
なんて恐ろしい事件なの・・・涙
実際の事件を知ることが大事ね。知っていたら絶対行かないもの!
千秋

こちらの事件から学べることは、カンクン市内といえども、ホテル街を離れると危険が多いということ。また、事件は夜間だけでなく日中にも発生しています。人通りの少ない通りや路地は極めて危険ですので、決して近寄らないようにしましょう!

参考までにこの事件の発生した場所がこちらです。皆さんが滞在するホテル街からはかなり離れた場所だということが確認できるかと思います。「カンクンの地元のスーパーなどに行きたい!」・・・となるとタクシーやバスを使ってこちらまでくる可能性があります。その時は細心の注意と対策をとった行動を取りましょう。甘く見たら恐ろし〜い目に合いますよ?自分の身を守れるのは自分だけです。または危険な場所にはあえて行かないようにしましょうね!

カンクンの治安口コミ情報!

外務省や大使館からの安全情報や注意喚起をご紹介させていただきました。続いて、実際にカンクンの治安について現地の口コミ情報を見て参考にしていきましょう。カンクンに住んでいる人または、滞在していた人の生の情報はとっても参考になります。それでは行ってみましょう!

合わせて読みたい

トラブルに巻き込まれないための口コミ!

  • 日本人男性が強盗に合う被害が多数報告されています。夜は一人で歩かない、人通りの少ない道は入らないなど最低限の警戒は必要です。
  • レストランやバー、ナイトクラブのドリンクメニューには料金が書いていない場合があります。タコス屋やバーでそれほど飲んでいないにもかかわらず、多額請求されたという事例があります。料金が明示されていない場合は必ず注文前に確認しましょう。
  • ホテル街では「米ドル」と「メキシコペソ」の両方が使える場合が多いので、「ドル」か「ペソ」か必ず確認して、楽しく過ごすために気をつけましょう。
  • 日本人はスリに狙われやすいので、カバンを開けっ放しにしたり、レストランでスマホをテーブルの上に置いて置いたりしないようにしましょう。ウエイトレスが食器を片付けながら同時にケータイを持っていったという手口がありました。また道端で道を聞かれて、スマホを取り出した瞬間に盗られて逃げられたという事例もあります。貴重品はカバンの中にしっかりしまっておきましょう。
  • ナイトクラブは昼の時間はヒーローに扮した人たちが「一緒に写真を撮らないか?」ととてもフレンドリーに誘ってきたりしますが、中には高額なチップを要求してくる悪質な人もいるので、必要のない時はハッキリ断りましょう。

ついやりがちな・・・飲酒についての口コミ!

  • コンビニでお酒を買って道端のベンチで乾杯!とやっていると捕まってしまいます。メキシコでは路上や公園など公共の場所で飲酒は違法となっており、それを知らずに飲んでいた観光客が捕まったという事例があります。リゾート地ということでつい開放的になってしまいますが、ご注意を。また、缶ビールを手に持っていると疑われることがあるので、お酒を買って持ち歩く際は、ビニール袋やカバンに入れておくと安心です。公共の場所では全て違法ということではなく、ビーチではOK。カンクンのビーチではどこでも飲食を楽しむことができます。

ツアー参加時に気をつけておきたい口コミ!

  • カンクンからオプショナルツアーに参加の際は、遠出が多く移動時間が比較的長くなります。バス内は冷房が効きすぎていることが多いので体温調節できるようカーデガンを持っていくなど、温の変化にしっかり対応できるような準備をしておきましょう。
  • 暑い遺跡へ行くときは十分水分補給ができるように、飲料水を持っていきましょう。
  • 移動中のバスでは荷物や貴重品はしっかり持っておきましょう。寝ている間にスリに遭うことがあります。

海や危険の潜むラグーンについての口コミ!

  • カンクンの日差しはとっても強いです。海やプールに入る際は日焼け止めを必ず塗りましょう。忘れて火傷なんてことがあります。
  • カンクンは1年を通して風のある日が多く、波も高めな時が多いです。綺麗な海に気を引かれ、ついつい沖まで行きすぎないように。場所によっては潮の流れがあり、死亡事故となることもあるので十分注意しましょう。
  • カンクンのホテルにはマングローブが生い茂るラグーンが広がっており、そこには3,000匹以上もの「野生のワニ」が生息しています。道端には注意の看板がありますが、ワニと一緒に写真を撮ろうとしたり、安易に近づいたことでワニに噛まれたという事件が何件かあります。また、酔っ払って観光客がラグーンの水の中に入り、襲われたというケースも。

カンクンならではの注意点が多く見受けられましたね!事前に知っているだけでトラブルは防ぐことができます。皆さんの口コミ情報を参考にして、カンクン旅行を楽しむための準備をしちゃいましょう☆

カンクンで気をつけるべき5つのこと!

カンクンの安全情報や注意喚起、口コミ情報をご紹介させていただきました。実際の事例は渡航の際の参考になりましたか?それではカンクンで楽しく過ごすために気をつけるべき5つのこと!をしっかり確認して、楽しいカンクンの旅にしましょうね☆

合わせて読みたい

貴重品から目を離さない!

これは基本中の基本ですが、スリや置き引きを防ぐためには大事なことなんです!ここは日本じゃないんです!貴重品は常に自分の目の届くところに置くか、バスの中では抱えて置きましょう。誰かが触れた時に分かるように音のするものを付けておくこともいい対策になります。

また、自分は貴重品から目を離さなくても、スリの常習犯は上手くあなたの注意を引いてきます。例えば、ぶつかってきたり、水を急に掛けられたりと・・・どれもこれも貴重品から目を離させる犯人のやり口です。

人通りの少ない道は歩かない!

実際の事件もそうでしたが、人通りの少ない道は歩かないでください!カンクンのホテル街のメイン通りは1本道なので安心ですが、人通りの少なくなる場所は要注意です!また、夜間だけでなく、日中にも多くの犯罪が発生している実態がありますので、常に意識しておくことが犯罪を遠ざける近道です。

大金やパスポートを持ち歩かない!

大金は持ち歩かず、パスポートや残りのお金はホテルのセキュリティーボックスに入れておきましょう!実際にパスポートが必要なのは、両替、出国・入国、身分証明で持参する必要のある時だけです。また、万が一襲われた時のために「捨て財布」なんか準備しておくと良いかも知れません。

夜外出する時はタクシーを使う!

流しのタクシーは危険な場合がありますので、ホテルで呼んでもらうタクシーやショッピングモールで待機しているタクシーが安全ですので利用しましょう。不要な外出も避けましょう!

ドラッグには近寄らない!

これは鉄則です!メキシコでハメを外そうなんて人はいませんよね〜?関わろうものなら、命取りですよ!メキシコで起こるほとんどの犯罪や殺人はドラッグ絡みです。メキシコのマフィアはドラッグのために戦争を起こすくらいです。メキシコに関わらず、ドラッグには手を出さないこと!

まとめ

カンクンの治安について情報や口コミをまとめました!

カンクンは「安全」なビーチリゾートです!ただし、最低限の警戒や注意は必要です。せっかくのカンクン旅行を台無しにしないためにも、ちょっとした心がけと、事前の対策をすることで安心安全のカンクン旅行を楽しんじゃいましょう☆

この記事が気にいったらポチっとお願いします★

にほんブログ村 旅行ブログ セブ島旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村にほんブログ村

-メキシコ

Copyright© ハナスタイル , 2020 All Rights Reserved.