マレーシア

マレーシアの世界遺産を巡る!【ジョージタウン編】

2019年2月6日

今年はインフルエンザが大流行・・みなさんは大丈夫ですか?私の周りでもたくさんの人がインフルエンザにやられてしまいましたので健康には注意したいですね。

さてマラッカに続いてマレーシアの世界遺産の話をしていきますよ!今回はマラッカとよくセットで訪れたい場所と言われるジョージタウンの魅力に迫っていきたいと思います!

世界遺産都市ジョージタウンってどんな街?

ジョージタウンはクアラルンプールに続くマレーシア第2の都市ですがどんな場所?と言われるとピンと来ないものですので調べてきました!

東洋の真珠 ペナン島!中心になるのは英国都市ジョージタウン

アジア各地のビーチリゾートが右肩上がりの人気を見せている今、その流れで注目されているのがペナン島です。東洋の真珠と言われるほど美しいリゾートでその魅力の一翼を担っているのが世界遺産の街ジョージタウンになります!

名前から想像がつくかもしれませんがジョージタウンはイギリスによって作られた街となってますね。マラッカを巡ってオランダやポルトガルと勢力争いをしていた時代に、交易の拠点として設立した場所なんです!

当時のイギリスの大貿易会社である東インド会社が進出したときにイギリス王室のジョージ3世という人の名前にちなんで名付けたことが始まりと言われています。

現在ではマラッカと同様に小さい街ながらマレー人・中国人・インド人など多くの民族が生活しており、宗教や文化などもたくさんあるマルチカルチャリズム都市になってますよ!

ところでペナン島の玄関口ジョージタウンにはどうやって行ったらいいのでしょうか。アクセス方法をまとめてみました!

まずはペナン島へ!飛行機によるアクセス

ジョージタウンのあるペナン島はクアラルンプールから飛行機がたくさん出ているので手軽に行くことができます。ちなみに日本からペナン島に行くときも直行便はないので必ずどこかで乗り継ぎをしなければなりません。

時間的には日本からだと平均して6~7時間ほどですね。ペナン島はたくさんの航空会社が就航しているのでクアラルンプールはもちろん香港やバンコク、シンガポールなどたくさんの都市から行くことができます!

そのため他の国とのセット旅行も可能で、予算や時間に応じた幅広い旅行プランのアレンジができるんですよ~★

ペナン空港からジョージタウンへのアクセス

ジョージタウンへはバスやタクシー、鉄道などで行く事が可能なのですが私のおすすめはタクシーです!東南アジアのタクシーは料金交渉制で慣れてないと大変って声をよく聞くのですが、ペナン島は大丈夫!

ここのタクシーは事前支払システムで空港のタクシーカウンターで目的地を伝えるだけです。どちらかと言えば鉄道に近い感覚なのですが7つのエリアごとに料金が決まってるので選ぶだけで手軽にタクシーを利用できちゃうんですよ♪

ジョージタウンまでだと乗車時間は30~40分くらいで、料金は45リンギット(約1,200円)ほどが目安となってます。料金を支払うと2枚のチケットをもらえるので、1枚は運転手さんに渡してもう1枚は領収書なのでもらってくださいね!

マラッカからのアクセス

マラッカからの移動はやっぱりバスとフェリーを使うのが一般的となります。まずバスで対岸のバタワースという街に行ってそこからフェリーで移動になりますが5~6時間とけっこう時間がかかるので注意ですね。

1日1便ですが飛行機も出ていますのでスケジュールをうまく調整すればマラッカ~ペナン島をわずか1時間20分で移動できますよ!しかも東南アジアで話題のプレミアムLCCであるマリンドエアで行くことができるのでおすすめです!

そのほかマラッカからクアラルンプールに行って、そこから飛行機で行くのも効率的ですね。3~4時間くらいでペナン島まで行けるのでけっこう時間を節約できますよ♪

旅得㊙情報

【話題のプレミアムLCC マリンドエアって??】

東南アジアでブレイク中のマリンドエアですがその秘密はフルサービスにあります!マリンドエアは通常のLCCと違い手荷物や機内食が無料で全席液晶モニター付きという大手と同じサービスを行う航空会社です。

しかも親会社がLCCであるためサービス抜群なのに値段はLCC並みというコスパの良さが人気で、日本にも2019年1月にやっと就航したばかりなんですよ。クアラルンプール~台北~札幌が片道11,300円~と破格の安さで今後大注目の航空会社です!

ジョージタウンの世界遺産を巡りたい!おすすめは?

ジョージタウンはマラッカと同じで世界遺産に登録されています。街そのものが対象になっているので右も左も世界遺産というすごい場所なんですよ♪中でもおすすめの観光名所をピックアップしたのでお伝えしていきますね!

イギリス人は時計好き?ヴィクトリアメモリアル時計台

フェリーでやってきた場合、一番最初に目にするのが白亜の時計台です!観光の拠点としてもピッタリの場所ですし、大きな時計台って聞くとやっぱりロンドンをイメージするのでイギリスっぽいなぁと感じますよ!

高さ18mにもなる時計台は街のシンボルとしてたくさんの観光客を迎える存在でもあります。夜になってライトアップされるとその存在感はさらに増して、きれいな時計台を楽しめるんですよね~♪

 

View this post on Instagram

 

Mayuさん(@mayu_u.1201)がシェアした投稿 -


すぐ近くにはイギリスがペナン島に上陸したときの軍事拠点として建設したコーンウォリス要塞もあり、ペナン島の歴史を学んだりすることができますよ!

青い空が良く似合う!白亜のペナン市庁舎

時計台から広場を挟んだ先に見えるのがペナン市庁舎です。真っ白な大きい建物なのですごく目立っており、青い空とのコントラストが抜群です!

1903年に東インド会社が建てたもので以前は市役所となっていました。現在では市議会の会議場となっているため残念ながら中に入ることはできません。外からの景色を楽しみましょうね♪

ジョージタウンには白亜の建築物がたくさんあります。マラッカもピンクだったりクリーム色だったりと印象的な色をした建物が多かったのですがこちらも同じようですね!

ジョージタウンはアートの街!街の壁には個性的な絵がたくさん

最近いろんな場所で流行っているのがウォールアートです。香港なんかも有名ですがジョージタウンにも昔からウォールアートがありました。

特に観光ストリートとして有名な「アルメニアン・ストリート」には遊び心たっぷりの絵がたくさん!街の中で絵を探しつつ、お土産を買ったりカフェに行ったりと歩くだけで楽しい通りなんですよ♪

ジョージタウンのウォールアートは2012年ごろに始まったと言われていますが、今もまだまだ増えてます。そのうちトリックアートなんかも生まれてもっと楽しくなるかもしれないですね!

 

View this post on Instagram

 

mayuさん(@gin5.1mama)がシェアした投稿 -


ハナ
よ~し!私も書いてみようかな~♪

イギリスだけじゃない!インドも体験できちゃう!?

マラッカはチャイナタウンで有名ですがこちらはリトルインディアが有名です!もちろんジョージタウンにもチャイナタウンはあって中国文化の強い場所ですが、インドだって負けていません!

リトルインディアはその名の通りまさに小さなインドの世界!インドって興味があるけど治安とか不安だし行く勇気がないという方はこちらがおすすめです!街に流れる音楽がインドそのもので雰囲気も抜群ですよ♪

ペナン島最古のヒンドゥー教寺院があったり、可愛いサリーを買ったり美味しいカレーを食べたりと楽しいこともたくさんあります。インドに比べて屋台がたくさんあるところはやっぱりペナン島っぽいなとクスッとする場面もありますよ(笑)

目的地以外の国の経験ができる場所というのは1回で2度美味しいみたいな感じがしてお得ですよね!

そのスケール半端ないって!!仏教の総合商社 極楽寺

マラッカの時と同じように私が厳選したスポットを1つ・・今回は仏教にしてみました。ジョージタウンの郊外になってしまいますがマレーシア最大の仏教寺院「極楽寺」です!

40年かけて建造したお寺は東京ドーム3個分という広大な敷地をもっています!そのスゴさは圧倒的で最近日本人がこの場所に来ると必ず言うのだとか・・「半端ないって!!」と

朝から夜まで楽しめる場所で、丘の上にあるのでとっても風が気持ちいいんですよ~★眺めも抜群でジョージタウンを一望するのも楽しいですよね!夜にはお寺のライトアップで幻想的な場所にもなるおすすめの場所です!

 

View this post on Instagram

 

AYANOさん(@ayanoisy)がシェアした投稿 -


極楽寺で特に印象的なのがこのパゴダですが見覚えがあるような無いような・・って気がしませんか?このパゴダは高さ30mで7層から成るものなんですが、上部がミャンマー・中央部がタイ・下部が中国とそれぞれの特徴を活かした建築になってるんです!

もちろん中に入ることもできて、中では約1万体の様々な仏像がお出迎えしてくれます。同じ仏教でも国が変われば表現は違うもの・・ここではそれぞれの国の仏教がそろっている仏教の総合商社なんですよ♪

ジョージタウン観光の注意点は?

それではジョージタウンを観光するとき、どんなことに気を付けたらいいのでしょうか・・注意点をまとめてみました。

スリが多発!最近はスマホを狙ってくる盗難が多いので要注意

海外で最も多い犯罪と言えばスリですよね!ジョージタウンもそれは例外ではありませんのでカバンや貴重品には注意しておきましょう。特に最近はスマホを狙った盗難が多いので気を付けてくださいね。

「家族が大変なんだ・・救急車を呼びたいから携帯を貸してくれ」などと言って電話を出させたところでパッとひったくっていくケースが目立つようですので、声をかけられたときは要注意です!

乾季はこれに注意!マレーシアのヘイズ

あまり聞き馴染みがないのですがマレーシアではヘイズと呼ばれる煙害に注意が必要です。インドネシアの焼き畑の煙が原因と言われていますが、一種の大気汚染と考えておくと分かりやすいですね。

特に4月から10月頃は被害も多いようですのでジョージタウンへ行くときはマスクを必ず持って行くようにしましょう!ヘイズはマラッカなど他の地域でもありますのでマレーシア旅行の際は注意しておいた方が良いですよ!

夜は時間をよく見て!気が付くと深夜に・・

ジョージタウンのあるペナン島は日の出と日の入りが遅いことで有名で、日本みたいに6時ごろには暗くなってきて・・ということはなく日の入りは8時ごろが多いです。

外が明るいのでまだ夕方じゃんと思ってしまいがちですが、暗くなるころにはもう8時過ぎになってますので時間を気にするようにしておいた方がいいですよ♪

治安自体は良いのですが夜の外出はやっぱり危険なので、夜は必ず明るい大通りを利用するようにしましょうね!

まとめ

マラッカに続いてジョージタウンのお話をさせていただきました。どちら世界遺産であり街の魅力は1回では語れませんが、これからもまたおすすめの情報をお届けしていきたいなと思ってます。

特にジョージタウンのあるペナン島はビーチリゾートとしても人気なので女子旅に最適なんですよ♪おしゃれなカフェもたくさんあるから観光に疲れたらすぐに休憩できます。

海外旅行は行きたい場所はたくさんあるのになかなか行けないものですが、ジョージタウンのように国際色豊かな場所だったら街を歩いているだけで色々な国を旅行している気分になると思います。

マラッカやジョージタウンに出かけてプチヨーロッパやプチインドを体験してみませんか。

この記事が気にいったらポチっとお願いします★

にほんブログ村 旅行ブログ セブ島旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村にほんブログ村

-マレーシア

Copyright© ハナスタイル , 2020 All Rights Reserved.