シンガポール

シンガポールの時差と日本からの飛行時間は?時差が少ない理由なぜ??

2019年4月28日

シンガポールといえばマーライオンを始め、2011年5月にオープンしたユニバーサルなどなど見所満載の国ですよね!

「でも韓国や台湾と違って少し飛行時間が長いと時差がしんどそう…」そんな不安に思う方も多いのではないでしょうか。

ここではそんなシンガポールに行く際の時差ボケや飛行時間、実は時差が少ない!?なぜ?そんな疑問を一つずつ解消していきたいと思います♪


シンガポールと日本との時差ってどれくらい?

では実際にシンガポールと日本がどれくらいの時差があるのか気になりますよね?なので調べてみました♪

シンガポールと日本の時差って一体どれくらいなの?

ズバリ!1時間です(笑)「っ短!!!?」って思った方…そのリアクションで合っていますよ(笑)

私もリサーチし始めて色々と検索しましたがどこも1時間と書いてあって、それでも不安だったので自分のスマホで世界の時間でシンガポールを検索してみたところ…

確かにきっちり1時間違いました!

シンガポールと日本の時差はどっちがすすんでいるの?

そうですよね!1時間の時差だけではどちらが早くて遅いのかわかりませんね。

シンガポールの方が1時間遅く進んでいます。

少し例を出すと、日本では「ハッピーニューイヤー!!!」って言ってる時には、シンガポールでは1時間後に「ハッピーニューイヤー!!!」となる訳です☆

シンガポールの1日のサイクルも日本とあまり変わらない?

日本では四季によって太陽の登って沈む時間は夏なら5時頃〜19時頃、冬なら6時半頃〜16時半と1年を通して結構変わってきますよね?

でもシンガポールでは7時頃〜19時頃と朝は遅く夜は長くなっています。

これは赤道が近いことによって起きている現象になります!なのでシンガポールに行くとその辺りは少し違和感を感じるかもですね。

 

View this post on Instagram

 

saki (21) 🇯🇵Tokyoさん(@s_a_k_i_97365)がシェアした投稿 -

シンガポールと日本の時差が少ない理由は?

実はシンガポールと日本の時差ってさほどないんです!それが何故なのか、諸説ありますがまとめてみました♪

何故シンガポールと日本の時差は少ないのかを徹底的にリサーチ

韓国や台湾といった近場の国ではないのに、なぜ時差が少ないのかを調べた結果このような理由が出てきました。

  • シンガポールは元々マレーシアの一部で標準時間を合わせていたから
  • 香港、上海などの市場開始時間に遅れをとりたくないから
  • 中華系の子孫などが多く、中国本土と時差の違和感をなくすため

諸説ありますがこのような理由で時間を変更しているそうです。

そんな過ごしやすいシンガポールでも初めてとあれば不安に思おうもの…

そんな方におすすめのツアーが組めちゃう便利な予約サイトがあるので参考にしてみて下さいね♪

↓実際に私も利用しているサイトはこちらから↓

ナイトサファリ 日本語音声トラム確約&優先乗車 JTBのアニマルショー 選べる現地解散&夕食ありなし<送迎付き> by JTB *当日12時まで予約可!

 

日本からシンガポールへ行く際の飛行時間は?

上記で話した通り時差は1時間なんだからそこまでは遠くないでしょう?そう思いますよね?

ハナ
そうね!行った事のない方だと特にそう思うから詳しく教えて欲しいわね!

航空チケットを少しでも安く欲しい!みなさんそうだと思います♪格安で手に入るサイトがあるので参考にしてみて下さいね♪

↓実際に私も利用しているサイトはこちらから↓

最短5分で予約!会員登録不要!海外航空券予約はskyticket.jp!

日本からシンガポールへの飛行時間は意外と長い?

実は意外にもフライト時間は長めのシンガポール行きなので少しまとめてみました!

  • 羽田空港・成田空港 7時間30分
  • 関西国際空港 7時間
  • 福岡空港 6時間35分

どうでしょうか意外に長めですよね?

日本の空港からシンガポールへの直行便について

旅行にするにあたって結構重要なところですよね?なのでしっかりとまとめてみました♪

シンガポールまでの直行便はある?

羽田空港・成田空港、関西空港、福岡空港いずれの空港で毎日直行便が運行しています。

時刻も大体は深夜出発の朝方到着、朝出発の夜に到着というような比較的スケジュールが組みやすい到着時刻となっています!

乗り継ぎならどんな感じ?

直行便はあるけど、乗り継ぎ便も気になる…そんな挑戦者のためにも少しだけご紹介します♪

乗り継ぎする主な国はバンコクや韓国が多いようです。さらに直行便に比べて1万ほどプラスで取られると言った感じです。

通常の直行便よりは少し高いですが、それでもGWや夏休みと言った長期の休みでも「まだ先のことはわからない…」そんな方もいるかと思います。

そんな方でも乗り継ぎ便なら多忙期の際でも残ってることもあるので、その点では便利かなって思います♪

さらに予算の立て方や日数などの記事も書いているので合わせて読んでみてくださいね☆

合わせて読みたい

 

View this post on Instagram

 

シンガポール在住🇸🇬 夜景・建築・旅行 ✈さん(@yosuke_someya)がシェアした投稿 -

まとめ

飛行時間は約7時間というフライトな割に時差は1時間と少ないのはなぜ!?

っということがわかっていただけたでしょうか☆

ぜひ参考にしてもらって、準備万端の旅行にしてくださいね♪

合わせて読みたい

この記事が気にいったらポチっとお願いします★

にほんブログ村 旅行ブログ セブ島旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村にほんブログ村

-シンガポール

Copyright© ハナスタイル , 2020 All Rights Reserved.