パリ フランス

フランス旅行現金はいくら持っていく?パリで使うユーロの予算

誰もが憧れる街パリ!

カフェでくつろいだり、美術館で名画を眺めたり、お洒落なレストランでフレンチに舌鼓♪

でも、パリって物価が高そうなので、いったい現金をいくら持っていけばいいのか不安ですよね~。

パリを楽しく旅行するためには現金がどくれくらい必要なのかを考えていきましょう♪

フランス・パリ旅行の予算は?現金はいくら必要?

どんなスタイルの旅行をするかで予算は大きく変わりますが、それほど豪遊しない場合でも1日100ユーロ(約12,000円)(航空券・宿泊代別)はみておきましょう!(※1ユーロ約120円で計算。)

だいたいの食事や移動・観光の相場感を紹介していきますね☆

合わせて読みたい

パリ旅行の物価の相場感は?

パリ旅行で必要な費用の相場は

  • カフェで朝食セット・・・5~10ユーロ(約600円~1,200円)
  • 観光入場料(ルーブル美術館)・・・17ユーロ(約2,040円)
  • 観光入場料(エッフェル塔)・・・25.5ユーロ(約2,700円) ※最上階までエレベーターで昇った場合
  • ランチ・・・15~20ユーロ(約1,800円~2,400円)
  • ディナー・・・20~30ユーロ(約2,400円~3,600円)
  • その他移動費など・・・10ユーロ(約1,200円)

といった感じです☆

1日100ユーロの予算だと例えば4日間のパリ滞在で400ユーロ、それと予備のお金も必要となると結構な金額になりますね!

でも、すべてを現金で持っていかなくても大丈夫ですよ♪

フランス・パリ旅行ではクレジットカードを活用しましょう♪

パリはもちろん、フランス国内ではほとんどのお店でクレジットカードが使えます☆

また、ほとんどの観光地の入場券や地下鉄のチケットなどでもクレジットカードが使えちゃうんです!

なので、クレジットカードを活用しない手はありません♪

スリや置き引きのリスクを減らすためにも、現金は最小限にして、ぜひクレジットカードを持っていきましょう!

クレジットカードはVISAかMASTERがおすすめ、JCBは使えないお店が多いんです。

カードの暗証番号を求められることが多いので、知らない方は出発前にクレジットカード会社に確認しておきましょうね☆

また、主要な美術館・博物館は事前にインターネットで予約・クレジットカードでの事前決済も可能、スムーズに入館出来てとっても便利です♪

結局、フランス・パリ旅行で現金はいくらもっていったらいいの?

クレジットカードはとっても便利ですが、それでもちょっとジュースが欲しい時や、マルシェでお買い物するときなど現金を使いたいときもありますよね。

なので、常に100ユーロくらいは財布に入っていると安心かな☆

日本で300ユーロ分くらい換金して、財布・バッグ・スーツケース等に分散して持っていれば盗難のリスクを減らすことができますよ♪

日本円からユーロへの両替はどごがお得?

日本円からユーロへの両替ですが、やっとパリの空港に着いたのに、両替所の長い列に並んで両替するのってめんどくさいですよね。

また、日本国内よりも為替レートがよくないことも多いんです!

なので、ユーロは事前に日本で両替しておくことをおすすめします☆

ほとんどの都市銀行でユーロへの両替はやってくれますし、もし近くに両替できる銀行がなければ、出国する空港で両替してもそれほどレートは変わらないんです。

それと、両替の際には小額紙幣にしてもらうように頼みましょう!

地下鉄に乗ったりちょっとしたスナックを買う時にも便利だし、なによりも高額紙幣は受け取りをいやがるお店も多いんです。

おつりがないケースもあるし、偽造紙幣が出回ったりしたこともあるからだとか!

10ユーロ札や20ユーロ札が使いやすいと思うで、それらを中心に持っていきましょう☆

パリをお得に旅行しましょう☆

やっぱりパリって物価が高いとおもいませんか?

でも工夫次第ではもっとお得に旅行することもできます♪

パリでは地下鉄に乗ろう♪

まずは移動費で節約!

パリは地下鉄でほとんどすべての有名観光地にアクセスできちゃうんです☆

普通切符1.9ユーロ(約228円)、10枚綴りの回数券が14.9ユーロ(約1788円)でとってもリーズナブル。♪

でも地下鉄はやはり日本ほど安全というわけでもないので、最低限の注意は必要!

バッグは手に持ち体の前で持つ、財布・スマホはバッグから取り出さない、早朝・深夜は利用しないなど、被害に合わないよう気を付けてくださいね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ako🌸さん(@sakurasakura0425)がシェアした投稿 -

パリでリーズナブルなカフェを探してみよう!

シャンゼリゼ通りやエッフェル塔付近など、観光客の集まるエリアには旅行者でも入りやすいカフェが集まってます。

でも、やはりちょっと観光客向け料金になっていて「ちょっと割高!」って思う店も多いんです。

少し主要観光地から外れるだけで、リーズナブルでお洒落なカフェが見つかりますのでぜひ探してみて下さい♪

テイクアウトでお洒落にランチ♪

パリにはチェーン店のファーストフードだけでなく、パン屋さんや屋台など、テイクアウトができるお店がたくさんあるんです。

いろいろテイクアウトしてスーパーでワインを買って、セーヌ川沿いのベンチに座ってランチというのも、リーズナブルだけど存分にパリの雰囲気を楽しめる方法だと思いますよ☆

パリっ子にも人気のレストラン・ビストロ情報を仕入れよう!

地元の人たちが気軽に訪れるような、安くておいしいレストランを探してみましょう!

オススメの一例は、Bouillon Chartier

いつも混んでて、入るためにかなり長い列に並ばないといけないのでちょっと驚くけど、中は広いので案外早く入れます♪

料理もワインも安いのにとっても美味しい☆

ハナ
ここのお店のテーブルクロスって紙製で、お会計の時にその上に書いて計算するんだって!
それを見るだけでも行く価値ありそう☆
千秋

 

この投稿をInstagramで見る

 

JC - Versailles Paris Ailleursさん(@jcg48)がシェアした投稿 -

パリ以外のフランス旅行では現金はいくら必要?

パリの事情を中心に紹介してきましたが、パリ以外のフランス国内についても観光地ではそれほど物価は変わらないです。

でも、たとえば南仏の田舎町の旅行者がほとんど行かないようなビストロなどでは、驚くほどリーズナブルに本格的フレンチを楽しめるお店のあるので、そういった場所を探すのも楽しいですよね♪

ただ、まれにクレジットカードが使えないケースもあるので、現金はパリよりも少し余裕を持っておいたほうがいいかもですね!

まとめ

たしかにパリは物価が高い街ですが、工夫次第でリーズナブルにパリの雰囲気を十分にあじわいながら旅行することもできます♪

時には最高のディナーを楽しんだり、時にはダウンタウンのテイクアウトで食事を済ませたりと、メリハリをつけた旅行もいいかも☆

ご自身の予算・スタイルに合わせた旅行を楽しんでくださいね!

あと、クレジットカードを活用しパリをエンジョイするのは大賛成ですが、くれぐれも使い過ぎには注意してください!

パリは楽しすぎてつい使いすぎてしまいそうなので☆

この記事が気にいったらポチっとお願いします★

にほんブログ村 旅行ブログ セブ島旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村にほんブログ村

-パリ, フランス

Copyright© ハナスタイル , 2020 All Rights Reserved.