バリ島

バリ島のお土産定番はコーヒー?高級品のおすすめも

2018年11月13日

みなさんバリ島で人気の飲み物があるって知っていますか?

実はバリ島があるインドネシアは気候や土がコーヒ栽培に最適で盛んに栽培されているんです♪私はインドネシアってコーヒーのイメージなかったのですが、コーヒーの生産量が世界4位なんです!

バリ島に住む人たちにはコーヒー好きが多く、日常的に愛飲されています。今回の記事ではそんなバリ島の定番コーヒーから高級コーヒーまでご紹介していきます♪


バリニーズが愛飲するおすすめコーヒー「バリ・コピ」

バリ・コピの「コピ」はインドネシア語でコーヒーのこと。

バリ・コピはバリ島定番のお土産の1つで手軽にスーパーでも買えるのですが・・・日本とバリ島では飲み方が全然違うんです!

その違いというのが3つ。

  • ドリップはせずに細かい粉を直接入れる!
  • コーヒーカップではなく透明なガラスのコップに注ぐ!
  • とっても甘い!

なので、いつも飲む感じで淹れてしまうと全然バリ・コピではなくなってしまいます。

お土産で渡す時にもバリ島式の飲み方を忘れず伝えてくださいね♪

では!「バリ・コピ」の2パターンの飲み方を紹介します!

黒いコーヒー「Kopi Hitam(コピ・ヒタム)」

「Hitam(ヒタム)」は黒という意味ですが、無糖ブラックコーヒーではありません。

名前の由来はただ色が黒いというだけです。

かなり細かい粉末コーヒーをガラスのコップに入れ、そのままお湯を注ぎます。

そしてたっぷりの砂糖を入れて出来上がり!お店で飲む場合、甘いのが苦手な人は注文時に伝えると希望通りに作ってもらえますよ。

飲む時の注意点はコップの底にコーヒーの粉が全部沈んでから飲むこと

沈む前に飲むと口の中がジャリジャリしちゃいます。

飲み進めると沈んだ粉が出てきますが、残して大丈夫です!粉が口に入らないように気をつけつつ、味を堪能してください♪

 

View this post on Instagram

 

追林 留梨子(ruriko oibayashi)さん(@orurired)がシェアした投稿 -

白いコーヒー「Kopi Susu(コピ・スス)」

「Susu(スス)」は牛乳という意味です。

でも牛乳を入れるわけではないんです!コピ・ススに入れるのはコンデンス・ミルクです!

コンデンス・ミルクというと日本人ならイチゴにかけたり、かき氷にかけたりしますよね。あの白くて甘いのです!

もうイメージできると思いますが、コピ・ススも甘いです!でも旅の思い出にぜひ1度は現地スタイルで!

コピ・ヒタム同様にお店で飲む場合、事前に伝えれば甘さの調節可能です。

バリ島のお土産に悩んだらコーヒ農園へ!

バリ島にある多くのコーヒー農園が観光客向けに見学ツアーをしています。

コーヒーの試飲ができて製造過程を見学でき、お土産屋さんもあります。全くコーヒーについて知らなくてもガイドさんがレクチャーしてくれますよ!

試飲では定番のバリ・コピ以外にもジンジャーやシナモンなどのフレーバーコーヒー、紅茶なども出てきます。

10杯前後試飲で飲めるのでコーヒーが苦手でも飲めるもの、好きなものが見つかる可能性が!

試飲したものは併設されたお土産屋さんで買えるので、気に入ったものがあれば買ってみてください☆

コーヒー農園で試飲後に買えば、お土産に渡す時にこんな味でおいしかったよ!なんて言えておすすめです♪

世界で1番高級なコーヒー「Kopi Luwak(コピ・ルアック)」

「コピ・ルアック」はバリニーズにとって庶民的コーヒーですが、少し変わっているんです。

ある動物が食べたコーヒー豆を原料としています。それが「ルアック」です。

ルアックとはジャコウネコのことで、ジャコウネコが食べ消化されずに排出された豆を使います。

つまり・・・ジャコウネコのフンの中にある豆を使うんです!もちろんきれいに洗うので、飲んでも大丈夫ですよ♪

ハナ
ジャコウネコの…!?だけど高級品!
そうなの!とってもおいしいコーヒーなんだけど、日本では高級すぎて飲めないのよねぇ~
千秋

高級な理由の1つ目はジャコウネコの消化酵素や腸内細菌の働きでコーヒーに複雑な香り。

理由2つ目は豆が含まれたフンを探すのが難しいから。フンそのものが1日に3gしかとれないそうですよ~。

高級コーヒーもスーパーで手に入りますが、値段が幅広いのでよく見て買うのをおすすめします!

 

View this post on Instagram

 

小林 百合子さん(@sayuriko0613)がシェアした投稿 -

本物の高級コーヒーを飲むなら・・・おすすめはやっぱりコーヒー農園!

高級ゆえに高値で売れるので販売目的でジャコウネコを飼育し、安い品種を食べさせて売っている業者もあるそうです。

安いコピ・ルアックには要注意!値段の目安としてはスーパーで100g500円以下だと怪しい!

と言っても高いから本物というわけでもないそう。

そこでおすすめするのがコーヒー農園!

コーヒー農園なら1杯500円程度で飲めます。目の前でサイフォンを使って丁寧に淹れてくれます。

バリ・コピが1杯25円程度なので20倍の値段です!世界一高級と言われるだけありますよね~。

日本で飲もうと思うと数千円するのでバリ島に行ったら飲んでみてください♪

苦味が口の中に残りにくいのでコーヒーが苦手な人も飲めるかも!

おすすめのコーヒー農園

Bali Pulina(バリ・プリナ)

住所 Banjar Pujung kelod Tegallalang, Bali, Indonasia

営業時間 7:00~19:00

料金 100,000ルピア(入場料とルアックコーヒー1杯)

ガイドさんやカーチャーターのドライバーさんと一緒に行くと入場料が無料

お土産を買うのも楽しいですよね♪さらにさらにお腹もいっぱいになれればもっと良いと思いませんか?日本で予約が簡単にできるおすすめサイト【グルヤク】もリンクしておきますので、気になった方はぜひ参考にしてみて下さいね☆

ちなみにバリ島ならエリアでインドネシアを選択して探してみて下さい!

↓実際に私も利用しています↓


世界各国のレストランを全て日本語で予約できます【グルヤク】

まとめ

コーヒーが苦手な人も好きな人も是非飲んで欲しいバリ島のコーヒー!種類によって全然味が違うし、甘く作られているものあります!苦いのが苦手な方でもきっと自分にあったものが見つかるはず☆

ぜひぜひ気に入ったコーヒーは自分用でも友達用でもお土産に買ってみてはいかがでしょうか♪

この記事が気にいったらポチっとお願いします★

にほんブログ村 旅行ブログ セブ島旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村にほんブログ村

-バリ島

Copyright© ハナスタイル , 2020 All Rights Reserved.