メキシコ

カンクン旅行にかかる費用は?おすすめ日数も紹介

2019年1月27日

「最近メキシコのカンクンがキテる」と言われていることを知っていますか?

「え~メキシコって治安が悪い国だよね~?」と不安に思う方、情報が古いですよ☆メキシコはメキシコでも今やカンクンは治安も良いカリブ海の楽園と言われるリゾート地なんです。

「行ってみたい!でもはじめてのメキシコってどうなんだろう?いったいどれくらいあれば楽しめるの?」という人に、費用と日数をお教えしちゃいます!

おすすめの記事

日本からカンクンまで何時間?直行便は?

最初に日本からカンクンにどうやって行くのか知っておきましょう~。

まず日本からカンクンへの直行便はありません。最低1回は乗り換えが必要なんです。

乗り換えはダラスやロサンゼルス、ヒューストン、メキシコシティなど様々。目安としては14~16時間ほどなんですが、24時間かかるパターンもあるのでその際は機内泊しなければいけないんです~(泣)

例えば5泊8日の場合は5泊はホテルに泊まれますが3日は機内泊になるので申し込む時に注意が必要ですね。

合わせて読みたい

カンクン滞在におすすめの日数は?

カンクンまでの時間がわかったら次に決めたいのは滞在日数。

カンクンって意外と遠いし、しかも機内泊をするパターンだとそれだけで日にちが過ぎてしまいます。

滞在日数が極端に少なくて「飛行機に乗ってばかりだったわね~」なんて感想が真っ先に出てしまうことだけは避けたいところ。

カンクンの思い出を飛行機だけにしてはいけません(笑)

「じゃあ何日にしたらいいの~?」という声が聴こえてきそうですが、その問いにはズバリ5日間!とお答えします。

実は大体の旅行会社のツアーが5日間からあるんです。万が一都合で3泊機内となっても5日間もあるのは嬉しいし、旅の計画も組みやすいですよね。

もちろんそれ以上でもそれ以内でも十分に楽しめるコンテンツがカンクンには揃っているのでご心配なく!

ベルトラでオプショナルツアーを探す

カンクン旅行に必要な費用は?

一番気になるのはやっぱり費用のことですよね~?

平均的なところを言うとオプショナルツアー込みで約30万円。タイミングが良ければ15万円~18万円ほどのお手頃価格に出会えることもあるんです。

1か月を切ったあたりでドドーンと格安ツアーが提示されることも多かったりするのでチャンスを逃してはなりません☆

おすすめオプショナルツアーをご紹介!

海外旅行で大事なのはオプショナルツアーですよね。

オプショナルツアーなんか使わないぜ!という強者さんもいるかもしれませんが(笑)

はじめてのカンクン旅行で世界遺産を見に行くときには申し込んでおいた方がいいのかな~とも思います。

そこで、おすすめのオプショナルツアーを少しだけご紹介してみますね☆

チチェン・イッツァ&セノーテイキル&ピンクレイク弾丸ツアー

カンクンに来たら絶対に外せないのが世界遺産でもあるチチェン・イッツァ。これを見ずしてカンクンは語れない。

そして聖なる泉セノーテイキルは泳ぐこともできるし、5mの高さから飛び込むこともOKです!

ピンクレイクはと~ってもキレイなピンク色をした湖のこと。「目の前がすべてピンク色になる体験」してみたいですよね。

申し込む際のおすすめとしては、ぜひ日本語ガイドさんにお願いしたいところ。

世界遺産のように歴史があるものを見るとき説明がないとただ建造物を見て終わり、、、なんてことありますよね?

意外と後悔の声があがるのは「日本語じゃないから説明がまったくわからなかった」なんてことだったりするんです。

チチェン・イッツァとセノーテイキルだけのツアーもあるので都合の良い方を選んでみても◎

魅惑の島!イスラムへーレス

イルカと一緒に泳げるドルフィンスイムや世界一細かい砂浜と言われているプラヤ・ノルテがあるイスラムヘーレス。

ゴルフカートで島内一周できるほどの小さな島なんです。午後からでも行ける近さも魅力ですが、ぜひ朝から渡って水中にある美術館を堪能するのも良し☆

とってもかわいいウミガメの赤ちゃんを飼育している施設もあっておすすめです★

合わせて読みたい

トゥルム遺跡&グランセノーテで欲張りツアー

カンクンのホテルゾーンからツアーバスで約2時間半の場所にあるグランセノーテ。一番大きくて人気のあるセノーテ(泉)です。

おすすめの時間帯は水が一番澄んでいる早朝なので朝は早いけれどもチャレンジしてみるのもいいですよね。

しかも岸壁に建つトゥルム遺跡とも近いので一緒に楽しむこともできるんです。

ギュッと凝縮したチチェン・イッツァ&セノーテイキル&グランセノーテという弾丸ツアーも★

海の透明度をその目で実感!コスメル島

カンクンから港があるプラヤ・デル・カルメンまで車で約1時間半。

そこから島に渡るので他の観光地に比べてちょっと手間のかかるコスメル島ですが、カンクンから出発してくれるツアーもあるのでその点は安心。

ダイビングやシュノーケリングをするのに贅沢すぎるその透明度を実感しちゃってください♪

さらに詳しく

ツアーではないけれども・・・キンタアベニューで街ブラ♪

ツアーではないんですがプラヤ・デル・カルメンのキンタアベニューをブラブラするのもおすすめ。

以前は小さな漁村だったんですが開発が進んでプラヤ・デル・カルメン自体が観光地になりつつあるようなんです。それもセノーテや世界遺産にとても行きやすいとか。

お土産屋さんやレストランも揃っていてカンクンよりも一層メキシコ感を味わえる穴場となっているんですよ~距離も車で1時間半ほどなのでドライブがてら向かってみるのも良し♪

旅行の目的はゆっくり派?それともアグレッシブ派?

旅行の計画を立てるときに何を基準にして考えますか?

例えば「近くのビーチで泳いだり、眺めのいいホテルの部屋でゆっくりしたい」派と「いやいや、やっぱり世界遺産でしょ。毎日アグレッシブに遊びた~い!」派があるとします。

目的が違う旅行なのにホテルの場所がぜ~んぶ一緒だとしたら、もしかしたらいろいろと損をすることもあるかもしれませんよね。

そこで、それぞれの目的を持った方に合わせたホテルをタイプ別にご紹介します。

ホテルでゆっくり派のあなたにはオールインクルーシブ!

カリブ海に来たらやっぱり海でしょ~♪まったり泳いで疲れたら部屋でお酒でも飲みながらキレイな景色を眺めて~と夢のような贅沢気分を味わいたいあなたにはホテルゾーンにてオールインクルーシブをおすすめ!

オールインクルーシブとは?

ホテルゾーンで提供している食べ放題、飲み放題(一部を除く場合あり)、施設を使い放題のサービスのこと。但しすべてのホテルで実施しているわけではないのでご注意★

オールインクルーシブは財布を持ち歩かなくてもいいというメリットがあります。その他にもあらかじめ含まれた料金を支払っているのでどれくらいお金がかかっているのかわかりやすいということも◎

ハナ
旅行っていくらかかるかわかりにくいものね~
事前にある程度わかるのはありがたいわ
千秋

オールインクルーシブを使う場合はオプショナルツアーを全く申し込まずにホテルから出ないなんて人も!?一度でも使うとその魅力にとりつかれてしまうようですね~(笑)

お値段も結構しますが・・・ここだけの話ホテルゾーンでオールインクルーシブにすると1泊10万以上なんてホテルもゴロゴロ(汗)ただこちらもタイミングが良ければ通常よりも半額程度で泊まれることも多いんです。

5日間すべて泊まらなくても1~2泊してオールインクルーシブを堪能するのもいいですね★

 

View this post on Instagram

 

tyobeeさん(@tyobee)がシェアした投稿 -

アグレッシブ派のあなたにはダウンタウンから世界遺産へ!

世界遺産を見たり~島に渡って泳いだり~と、海外旅行ではやりたいことがたくさんありますよね。

でも外に出てばかりのプランだとお値段が高いホテルはもったいない?そんな考えがよぎりませんか?

世界遺産を巡るオプショナルツアーによっては朝8時に出発して夜9時に解散、なんてのもあるんです。

ホテルゾーンにホテルを取った場合は、解散した場所からさらにホテルゾーンに向かうバスに乗って・・・って想像したら結構大変ですよね~。

夜寝るときしかいないのにもったいない!費用も、そして移動時間だって削りたい!

そんな方におすすめなのはホテルはダウンタウン(セントロ)に取るべし!です。

ダウンタウンって?

カンクン市民が住んでいる地域のこと。地元の人が利用しているスーパーがあったり観光客に嬉しいお土産屋さんもあるので便利な場所でもあります。

ダウンタウンのホテルは大体1人1泊約3千円~1万円以内と良心的。

「でもダウンタウンって治安が心配・・・」という方、カンクンの治安はいいんです。それはダウンタウンと呼ばれる市街地でも問題ありません。

さらに詳しく

ホテルゾーンに泊まりたい!でも費用は削りたいあなたに

せっかくカリブ海のリゾート地に行くならホテルゾーンに泊まりたい、という気持ちわかります!

そして費用を削りたい!というのもわかりすぎるくらいわかります!でも先に述べた通り、ホテルゾーンってお高いんです・・・

いや、ちょっと待って!確かに高いけれどもそれはカリブ海に面した方だけじゃないの!?

そんな疑問を持った方、鋭いですね~。

意外におすすめ!?ラグーン側のホテル

実はホテルゾーンのカリブ海に面した部屋に比べてラグーン側の部屋はかなり抑えたお値段になっているんです。

そのお値段なんと約3千円から!何かの間違いかと思ってしまいそうなくらいお安い値段ですが、やはりカリブ海が見えるか見えないかで価値が決まってしまうってことなんでしょうね~。

ラグーン側のホテルにもプールが付いていたりするので決して劣っているわけではないんです(ただし清掃やタオルの交換の面についてはお値段通りという声もチラホラ・・・)

ビーチに歩いて行ける距離のホテルも多数あるので部屋からカリブ海が見えないだけだったりするんです。

それをどう捉えるのかは個人によりますが、、、世界遺産巡りが目的だったり、最初から島に渡って楽しむ人にはラグーン側はありがたいホテルかもしれません。

ラグーン側のホテルはいろんなパターンの旅行に当てはまりそうですね☆

ココに注意

ラグーン側にはワニが生息しているので注意が必要です。噛まれた報告もあるので(汗)近付いて写真を撮ろうとしたり、エサをあげようとしないこと。

ラグーンのジャングルツアーで即席探検隊に!?

実はカンクンってもともとジャングルだったってご存知でしたか?すべて森だったところを開発してできたのがカンクンなので今でもジャングルは残っているんです。

ラグーンにはその名残のようなジャングルがあって、なんと自分で船を運転して廻れるという日本ではありえない体験ができてしまうんです。

船舶免許は必要なく、少しの講習を受けると運転できるとあって観光客にも大人気のツアーなんです。これはチャレンジしてみたいですよね~!いい経験になります♪

まとめ

いろいろご紹介してきましたが、例えば2泊はダウンタウンに、1泊はプラヤ・デル・カルメンに、残り2泊はホテルゾーンでオールインクルーシブを楽しむというのもありですよね。

こんな風にどのように旅行の計画を立てても楽しめるのがカンクンです。

ぜひ参考にしていろいろな旅行を楽しんでください♪

まだまだあります!

この記事が気にいったらポチっとお願いします★

にほんブログ村 旅行ブログ セブ島旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村にほんブログ村

-メキシコ

Copyright© ハナスタイル , 2020 All Rights Reserved.