バリ島

バリ穴場ポテトヘッドは要予約?行き方やビーチクラブで夜も楽しむ

2018年11月12日

ポ、ポテトヘッドってなに?!と思わず二度見したそこのあなた!!

このポテトヘッド、バリでは大人気のスポットなんです★

ポテトヘッドはスミニャックビーチにある、ビーチクラブ。

この記事では、ビーチクラブとはなにか?バリ旅行の予定にぜひ入れておきたいポテトヘッドについて紹介していきます★

バリ島で進化し続けるビーチクラブとは?

リゾートに欠かせないものといえば、そう海ですよね★

特にバリ島の海はとってもキレイなので、海で楽しみたいという方は多いんではないでしょうか。

でも、ダイビングやシュノーケリングなどマリンスポーツを!となると少しだけハードルが上がりますよね。

マリンスポーツはしっかりオプショナルツアーなどでしっかり予定を立てていきたいところですが、もっと気軽に便利に海を楽しめるスポットがあるんです♪

それがビーチクラブというところ。バリではビーチクラブが年々増えていて、進化を遂げています!

バリ島のビーチクラブでできることはたっくさん!

ビーチクラブにはレストランやショッピングエリア、プールにDJブースまであるところも☆ビーチの上、いわゆるオンザビーチのビーチクラブがほとんどなので海を見ながらくつろぐこともできちゃいます!

トイレやシャワーブースも完備されていて、とっても便利!プールから上がってすぐにお酒を飲みにバーへ。なんて普段できないことができちゃうのでテンションが上がります★

例えば街中に宿泊していて、買い物も食事もプールもある程度別々に予定を立てなくてはいけない人なんかにはとってもおすすめ。

ここにいれば、バリでの醍醐味をぜーんぶ満喫できちゃうんですからね★

イメージは、日本でいうと海の家のグレードアップバージョンといったところ。

入場料が設定されている所もありますが、ほとんどは施設内で最低でも〇〇円以上使ってくださいよ~というような料金設定になっています。

レストランなどの料金設定は、ローカルレストランなどと比べると少し高めですがその分料理のグレードも高め。インスタ映えが期待できるようなお洒落なグルメもたくさんありますよ~!

バリのポテトヘッドはどんなところ?スミニャックのお洒落ビーチで遊びつくす!

ポテトヘッドはバリのビーチクラブの中でも規模がかなり大きくて、一日中遊べてしまう大人気スポットです★

ちなみに「ポテトヘッド」というのは英語のスラングで、日本語でいうと「おバカなやーつ」的な感じになります。

日常を忘れてたまにはおバカちゃんになってもいいんじゃ?って感じですね~!とにかくこのポテトヘッドではおバカになるほど楽しめちゃうというわけです♪

ポテトヘッドへの行き方や位置は?アクセスまとめ

ポテトヘッドがあるのはバリ島の中でもちょっとお洒落な街、スミニャックエリアです。

ビーチクラブなので、地図を見てもらったらわかるように当然ビーチ沿いにあります。空港からは1時間ほど。クタ地区からなら車で30~40分ほどで到着しますよ~。

バリに行き慣れているかたなら、なんとなく場所のイメージはつくかもしれませんが、ポテトヘッドは少しだけわかりずらいところにあります。

なので、滞在先が少し離れているならホテルやヴィラのスタッフにカーチャーターをお願いするか、近場からならタクシーで行くのがベストでしょう。

ポテトヘッドはこんな感じ!見た目のインパクトがすごい!

ポテトヘッドが人気の理由の一つは見た目のフォルムにもあります!とにかくインパクト抜群!

何とも意味不明な見た目(笑)これは、廃材や使わなくなった窓枠などを組み合わせて作っているそうで…巨大な壁というか、ローマの闘技場のような。。

この壁は通路やレストランの内装度にも使われていて、思わず近くでまじまじと見てみたくなるほど。

この壁の向こうにはビーチクラブならではの一日中くつろげる空間が広がっていますよ~♪

ポテトヘッドの料金設定は?

ポテトヘッドでは入場料はかかりません。なので、気軽に入ることはできます。

と言いたいところなんですが、入り口で厳重にセキュリティチェックをされるのでびっくりしないでくださいね〜。

でもその分、安心感も増します!欧米人が多いので尻込みするかもしれませんが、逆に人目を気にせず騒げると思ってください★

無料で何もかも使い放題かというとそういう訳ではなく、施設内で飲食や買い物をしてくださいね~という感じ。まぁ使ってしまうとは思いますが(笑)

また、パラソルや各エリアに用意された席を使用する際は最低でも○○円を使わなければいけない、といった感じになっています。

ポテトヘッドも他のビーチクラブ同様、すこし価格設定は高め。レストランで二人でランチすると、3,000円ほどになるかと思いますので、最低料金は超えちゃいますね。

また、バリでは酒税が高めなのでアルコール類も高めの設定です。カクテルなどは1杯1,500円ほどなので飲みすぎ注意です!

ざっくりした料金設定は下の表を見てください。

レストランや買い物で使う最低価格

芝生エリアの席 約3,000円以上
プールサイドの席 約5,000円以上
ビーチフロントの席 約10,000円以上

↓手前から芝生エリア席、プールサイド席、見えませんがビーチフロント席といった感じです★

 

View this post on Instagram

 

Sonoe Andoさん(@sonoe_piano)がシェアした投稿 -

合わせて読みたい

ビーチクラブで一日中過ごす!雰囲気抜群のポテトヘッド!

ちょっとヘンテコな見た目とは対照的に、ポテトヘッドの中に足を踏み入れるとそこには完全なリゾート施設が広がっています★

大きくエリアを分けると以下の通りです。

  • レストラン(2件)
  • プール
  • バー(2件)
  • トイレ・シャワー
  • 芝生エリア席・プールサイド席・ビーチサイド席

ポテトヘッドのレストラン情報

レストランはメインのレストラン「ポテトヘッドレストラン」、伝統的なインドネシア料理「LILIN」と2つあります。

「ポテトヘッドレストラン」ではイタリアンやフレンチ、ポテトを使った誰でも大好きな洋風のメニューなどが豊富です★

サンセットタイムはかなり人気なので予約しておくと安心です。

予約はこちらからもできますのでどーぞ♪

グルヤクでポテトヘッドレストランを予約する

施設が充実!ポテトヘッドの楽しみ方

バーも 2件あり、1つはプールの中にあるんです★ここが何ともパリピ感があるバーなので、水着を用意して行くのがおすすめ!

カクテルをオーダーすると、かなりインスタ映えする南国カクテルが来たりします♪♪

海を眺めながら、お酒を傾けつつゆったり過ごすも良し。夜のDJイベントで思いっきりはじけるのも良し。

ちょっとセレブ気分を味わえるので、女子旅には最適ですよ~!ただし、値段もセレブ感があります(笑)

たまには贅沢して楽しんじゃいましょう★

また、プールも素晴らしいんですよ~!ポテトヘッドのプールはインフィニティプールなんです!

プールと海が一体化しているような感覚になれるこのプールはずーーっと入ってられるくらいの心地よさ。

 

View this post on Instagram

 

Miho Nakashimaさん(@miho__1120)がシェアした投稿 -

プールは誰でも入れるので、やっぱり水着必須ですかね★

ただし、更衣室は用意されていないので着替えはトイレになります。トイレは綺麗なので心配ありませんよ~。ですが着替えの手間を考えると、水着を着ていった方が良さそうかな、と思います★

また、プールの横から海へと出ることもできちゃいます!!オンザビーチでくつろぐも良し、波が穏やかなら海で泳ぐも良しですね♪

ここの出入り口もセキュリティがしっかりしているので安心ですよ~。

ポテトヘッドの夜はパリピ感漂う大人の時間!

ポテトヘッドの夜はムーディーな大人の雰囲気が漂います♡

夕日が沈んでサンセットタイムが終わると、徐々にライトアップされ幻想的な感じに…!

しかも夜はDJブースで音楽イベントが開催されるなど、思いっきりナイトクラブとして楽しむことができちゃいます★

プールに入ってバーでカクテル…なんて海外セレブだけがすることかと思てましたが、そんなことありません!!

日本ではなかなか味わえない本格的なナイトプールを、一目を気にせずに楽しめちゃいますよ~!!

 

View this post on Instagram

 

グランドバリさん(@grand.bali)がシェアした投稿 -

まとめ

バリ島で独自の進化を遂げるビーチクラブは、日本人がまだ少ないので一目を気にせずにはしゃげます★

バリ島へ旅行の際はぜひチェックしてくださいね!

この記事が気にいったらポチっとお願いします★

にほんブログ村 旅行ブログ セブ島旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村にほんブログ村

-バリ島

Copyright© ハナスタイル , 2020 All Rights Reserved.